« 大文字送り火2009 ~如意ヶ岳 大文字~ | トップページ | 大文字送り火2009 ~船形~ »

2009.08.11

大文字送り火2009 ~妙法~

京都の北部、松ヶ崎の地に、妙法の二文字が並んでいます。並んでいると言ってもそれなりの距離はあるのですが、2つの文字で一組をなしており、一山と数えられています。

妙法の起源

妙法という文字から判る様に、このに山は日蓮宗が関係しています。

松ヶ崎は古来比叡山の領地であり、歓喜寺という寺が支配していました。ところが、日蓮聖人の法孫にあたる日像聖人がこの地に入り説法を行うと、時の歓喜寺住職であった実眼が真っ先に帰依し、1307年(徳治2年)に天台宗から日蓮宗に改宗して寺号も妙泉寺と改めました。以後、一村ことごとくが日蓮宗に帰依し、これを記念して妙の字を灯す様になったとされます。

日像聖人について

この日像聖人についてもう少し触れると、下総の生まれで、幼少の頃より日蓮聖人から厚い信頼を受け、日蓮の悲願であった京都布教に初めて成功した人でした。しかし、急速に勢力を伸ばした日蓮宗は他宗からの攻撃に晒される事となり、日像は3度も都から追われるという苦難に遭います。そして、1321年(元亨元年)に至ってようやく後醍醐天皇に認められ、京洛の地に妙顕寺を開いたのでした。そして、妙顕寺は日蓮宗唯一の勅願寺ともなり、四海唱導と誇らかに呼号するに至ります。日像聖人は74才で亡くなり、その御廟所は深草の宝塔寺にあります。

題目踊りと涌泉寺

Matugasaki0908111

松ヶ崎では8月15日と16日に題目踊りが行われますが、これは説法に感激した村民が、歓喜雀躍して太鼓を打ち鳴らし、法華の題目を唱えた事に始まるとされます。その舞台となるのが涌泉寺です。

Matugasaki0908112

この地は日像聖人による布教があって以来、京都における日蓮宗の一大拠点となり、1574年(天正2年)には妙泉寺の隣に本涌寺という壇林(僧侶養成のための学校)が建てられました。時代が下って1918年(大正7年)に、松ヶ崎小学校の拡張のために妙泉寺と本涌寺が合併し、涌泉寺となって現在に至っています。

松ヶ崎大黒天

Matugasaki0908115

涌泉寺の東には、松ヶ崎大黒天があります。正しくは妙圓寺という日蓮宗の寺で、本涌寺を創建した日英上人の隠居所として建てられたのが始まりとされます。本尊は釈迦牟尼仏なのですが、別に祀られた大黒天の方が有名となっています。この大黒天は伝教大師が作り、日蓮聖人が開眼したと伝わるもので、福運を授ける神として信仰を集めています。

境内にあった説明書きに寄れば、妙法の点火を行っているのはこの寺であるとあります。つまり、題目おどりは涌泉寺、送り火の管理は妙圓寺という役割分担が出来上がっているのでしょうか。

妙法の並び方

この妙法を見た時に、字の並びが現代風に左から右になっている事に気付きます。ぱっと見は自然に見えますが、よく考えてみると江戸時代以前に出来たにしては反対になっていますよね。これは、法の字か後から加えられた事を意味しており、最初に日像聖人が妙の字を西山に書いたため、法の字は空いている東山に書くほかは無かったという事情があった様です。ちなみに法の字が書かれたのは江戸時代初期の事で、妙泉寺の末寺下鴨大妙寺の日良上人の手によるものだと伝えられています。

点火時間について

妙法の点火時間は午後8時10分、大文字に次ぐ点火です。

妙法の鑑賞ポイント

1.地下鉄松ヶ崎駅周辺

ここはまだ実際に見に行った事が無いのですが、宝ヶ池スポーツセンターの周辺なら妙の字が間近に見える事でしょうね。さらに、北山通を東に歩いていけば、法の字が見えて来ると思われます。ずっと東、サンマルクルまで行けば真正面になる様ですね。

2.高野川沿い

高野川沿いから法の字が見えます。御蔭橋、髙野橋は実際に確かめたので間違いなでしょう。また、松ヶ崎浄水場付近なら、妙法の両方が見えるらしいです。ただし、フェンス越しになる様ですけどね。

3.百万遍交差点

ちょっと意外な場所ですが、百万遍交差点から法の字が部分的に見えます。全部は無理ですけどね、交差点の少し北側の限られた範囲でなら可能です。

明日は船形についてレポートします。

|

« 大文字送り火2009 ~如意ヶ岳 大文字~ | トップページ | 大文字送り火2009 ~船形~ »

大文字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/45869690

この記事へのトラックバック一覧です: 大文字送り火2009 ~妙法~:

« 大文字送り火2009 ~如意ヶ岳 大文字~ | トップページ | 大文字送り火2009 ~船形~ »