« 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~蟷螂山から伯牙山まで~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~橋弁慶山から鯉山まで~ »

2009.08.06

京都・祇園祭2009 山鉾巡行~木賊山・保昌山・山伏山~

Tokusayama0908031

山11番が木賊山。息子と生き別れた老爺が、信州の山中で寂しく木賊を刈っている姿を表した山です。主題はこの後現れた息子と無事に再会出来たというところにあり、ご利益はそれにちなんで迷子封じという事になっている様ですね。

この山もまた、芦刈山の様に周囲に木賊を植えてありますね。また、この写真ではご神体の陰になっていて見えませんが、月に見立てた30㎝の銀盤が真松に掛けてあります。

Housyouyama0908031

山12番が保昌山。清涼殿の梅の花を盗んできたという藤原保昌を主題とした山ですね。それにしても抱えきれない程の梅を、盛大に盗んで来たものです。これでお咎め無しで済んだというのですから、よほど強い運の持ち主だったのでしょうね。

Yamabusiyama0908031

山13番が山伏山。先祭の巡行列においては、これが最後の舁き山となります。

山伏山のご神体は浄藏貴所。平安時代の僧侶で、三善清行の八男として生まれています。幼くして異才を放ち、7歳の時に自ら望んで出家したとされます。以後数々の奇瑞を現していますが、その一つが父清行を一条戻り橋で蘇らせたという逸話ですね。また、傾いた八坂の塔を、その法力で真っ直ぐに戻したという伝説も持っています。その八坂の塔の近くにある八坂庚申堂を開いたのがこの浄蔵貴所ですね。さらには小説「陰陽師」では、阿部清明のライバルとして登場しますから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

その浄蔵貴所が修験者として大峰山に入る時の姿をご神体としており、山伏の出で立ちである事から山伏山と呼ばれます。

この山には二年前の宵山に訪れているのですが、あまり予備知識が無かったため、通り一遍の紹介に終わっていますね。次はもっと詳しく見てこようと思っています。

|

« 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~蟷螂山から伯牙山まで~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~橋弁慶山から鯉山まで~ »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/45813403

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~木賊山・保昌山・山伏山~:

« 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~蟷螂山から伯牙山まで~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~橋弁慶山から鯉山まで~ »