« 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~菊水鉾~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~放下鉾~ »

2009.07.29

京都・祇園祭2009 山鉾巡行~鶏鉾~

Niwatoriboko0907311

今年の鶏鉾は鉾5番、全体では17番目の巡行でした。この鉾は揃いの青い浴衣が特に印象的でしたね。

Niwatoriboko0907312

鶏鉾は、中国古代、堯の時代の故事に由来する鉾です。この時代は良く世の中が治まっていたのですが、もし治世者で不正を働く者が居たら人民がこれを訴えられる様にと、合図のための太鼓が置かれていました。これを諫鼓と言いますが、せっかくの太鼓も誰も叩く者が無く、やがて苔生して中に鶏が巣を作る様にまでなりました。それだけ優れた治世が行われ、平和な世の中だったという証なのですね。

鶏鉾の鉾頭は三角に円盤なのですが、この三角が諫鼓、円盤が鶏の卵を表すと言われています。

鶏鉾の辻回しの音頭取りは、他の鉾と比べて一風変わっています。どの鉾でも必ずと言って良い程使われている「よーいとせー!」という掛け声が無く、「それっ!」とごく短いのですね。このあたりにも各鉾が伝えてきた独自性が見られる様で、なかなか面白いところです。

鶏鉾は2年続けて曳初めに参加させて貰った鉾ですので、他の山鉾よりも親近感が湧きますね。綱を曳く時はやはり音頭取りの合図に集中していましたから、観覧者として見ている時もやはりその仕草が気になります。この次の動作のタイミングで曳き始めるんだよなあ、という感じですね。

Niwatoriboko0907313

音頭取りと曳き子の息がぴたりと合えば鉾はスムーズに動き出しますが、時には上手く合わない事もあり、そんな場合には動きだしがモタモタとして、ちょっと見苦しい感じになってしまいます。(これは鶏鉾の事ではないので、念のため。)ですから音頭取りの技量もまた、巡行時の重要な要素になっているのが判ります。

Niwatoriboko0907315

鶏鉾もまた、見送りが省略されていました。この鉾の見送りは、重要文化財に指定されている逸品と聞いていただけに見たかったですね。本当にうらめしい今年の長梅雨です。

|

« 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~菊水鉾~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~放下鉾~ »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/45753332

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~鶏鉾~:

« 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~菊水鉾~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~放下鉾~ »