« 京都・洛北 流鏑馬神事~下鴨神社~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~長刀鉾辻回し~ »

2009.05.04

京都・洛北 斎王代御祓の儀~下鴨神社~

Misogi0905041

5月の京都は葵祭に明け暮れます。特に連休中には行事が重なっており、今日は斎王代御祓の儀が下鴨神社にて執り行われました。

Misogi0905042

5月を迎えて、下鴨神社を取り囲む糺の森は、新緑から深い緑へと変わりつつあります。この鬱蒼として神さびた雰囲気は、この神社独特のものですね。

Misogi0905043

御祓の儀は、夏の土用に御手洗祭が催される御手洗池で行われます。まずは、女童達にかしずかれた斎王代が儀式の場に現れます。

Misogi09050412

一同が席に着くと、神職に依る祝詞の奏上があります。そして、斎王代以下行列に参加する内侍、命婦らお付きの人達全員に対してお祓いが行われ、いよいよ斎王代が御手洗池の水に手を浸す事となります。しかし、私の居た位置からはその場は見る事が出来ず、一番絵になる瞬間の写真はありません。ちょっと残念ですね。

Misogi0905045

さらにお祓いの儀式は続き、この写真は竹串を左右の手に持ち替えて穢れを移した後、二つに折っている所です。右の女童がまだ折っていない竹串を持っているのが判るかな。この竹串は後で御手洗川に流される事になります。

Misogi0905046

全ての儀式が終わった後は、来賓も含めた記念写真となります。今年の斎王代は千万紀子さん。裏千家のお嬢様なのですね。小さくて判りにくいでしょうけど、斎王代の後列二人目が祖父の千玄室大宗匠、その右隣に千宗室ご夫妻が居られます。

Misogi0905047

記念撮影の後は神前でご報告があり、神服殿へと移ります。ここから先は葵祭本番のリハーサルが行われたはずなのですが、時間の関係で見る事は出来ませんでした。竹串を川に流すところは見たかったな。

Misogi0905048

参考までに記しておくと、儀式は御手洗池の南側で行われ、北側は観覧席となっています。ただ、確認はしていませんが、入れるのは招待者だけの様でしたね。私の様な一般者は周囲から見る事になりますが、30分前に着いたのでは、最前列の確保は無理でした。特に斎王代が池に手を浸す場面が見られる場所は、相当早くに行かないと駄目な様です。

Misogi09050410

帰り際、糺の森の緑を撮りながら歩いていると、傍らをポニーに乗った女の子が通り過ぎていきました。流鏑馬神事保存会がポニーの馬車を主催している事は知っていましたが、こうして単独で乗る事も出来るのですね。後ろから追い越された時には、ちょっと驚いたけどね。

Misogi09050411

糺の森の緑は本当に綺麗です。明日はまた歩射神事という行事が下鴨神社で行われますが、もし行かれるならこの爽やかな緑も是非味わってきて下さい。この緑を浴びるだけでも行く値打ちがありますからね。

|

« 京都・洛北 流鏑馬神事~下鴨神社~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~長刀鉾辻回し~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

二日続けての下鴨神社ご苦労様でした(*^_^*)

今日はまた華やかな衣裳で見ごたえがありますね。
今年は木曜日にかかる行事が少ないようで^^;
なおくんのレポートを楽しみにしています。

明日も行事が目白押しですが明日も下鴨神社へお出かけですか?

投稿: Milk | 2009.05.04 21:52

Milkさん、

そうですね、今年は木曜日は見事に外れていますね。
お気の毒としか言い様がありません。
まあこんな時もあるという事で、次を待ちましょう。

今日は昨日とは打って変わって、優美さに包まれた一日でした。
昨日程ぎすぎすした雰囲気もなかったしね。
やはり、斎王代の存在は大きいです。

明日は、さすがに下鴨3連投は避けて、
上賀茂神社に行くつもりです。
まあ、はしごという手もあるのですけどね、
人混みにもいい加減疲れました。

天気か゜どうなるかが気掛かりです。

投稿: なおくん | 2009.05.04 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/44896914

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 斎王代御祓の儀~下鴨神社~:

« 京都・洛北 流鏑馬神事~下鴨神社~ | トップページ | 京都・祇園祭2009 山鉾巡行~長刀鉾辻回し~ »