« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年2月

2009.02.03

京都・洛中 平成21年度 廬山寺「追儺式鬼法楽」

Rozanji0902031

2月3日の節分の日、今年も廬山寺の「追儺式鬼法楽」を見るために出掛けてきました。

去年も書いているのですが、この行事は、廬山寺の開祖である元三大師が、宮中において悪鬼を、独鈷、三鈷の法器を用いて降伏させたという故事に基づくものです。

Rozanji0902032

今日は昼過ぎから生憎の雨模様となり、廬山寺に行くかどうかはかなり迷いました。後ろの列になったとして、前で傘を差されたらまるで見えないですからね。また、最前列が取れたとしても、今度は後ろの人の事を考えると、自分が傘を差さずに濡れなければなりません。

Rozanji0902033

結果として1時間20分ほど前に廬山寺に入り、なんとか最前列は確保出来ました。フード付きの防水防寒の上着を着ていたので、行事が始まれば傘無しで過ごす覚悟です。

Rozanji0902035

待つこと1時間20分、そこからさらに鬼が出てくるまで20分は掛かったかな。しかし、雨の中を頑張った甲斐があって、目の前を行く鬼は凄い迫力でした。特に赤鬼の持つ松明が目の前を通り過ぎ、冗談ではなく熱かったですよ。

Rozanji0902036

三匹の鬼はそれぞれ貪欲、怒り、愚痴を表し、赤鬼は剣、青鬼は大斧、そしてこの黒鬼は大槌を持っています。これらの武器を手に人間界で暴れ回り、人々を混乱の渦に巻き込もうというのでしょうね。

Rozanji0902038

鬼は太鼓と法螺貝の音に合わせて四股を踏み、辺りを睥睨しながら大師堂へと向かって行きます。このあたりは動画を見て貰った方が様子が良く判るでしょう。

画面が揺れて少し見にくいかも知れませんが、大体の様子は判って貰えるかと思います。

Rozanji09020310

鬼達はこの後、僧侶達が修法をしている大師堂に入り、その周囲を踊り回ってその邪魔をしようと試みます。そこで現れるのが追儺師です。

Rozanji09020311

追儺師は法弓を東西南北、それに中央に向けて5本の矢を放ち、悪鬼邪霊を降伏させるという役目を持ちます。この様子も動画に撮って来たのでご覧下さい。

昨年はこの法弓師役をするはずだった方が突然倒れたため、この場面がありませんでした。ですので今年初めて見たのですが、この鬼法楽においてはとても重要な役だった事が判りました。台詞も長く複雑であり、この役をする方は大変な努力を必要とするのでしょうね。

今年の方は多分後継者と思われますが、とても堂々としており、また何より声が俳優の様に落ち着いていて、見事にこの役をこなされていました。それは素晴らしかったのですが、その一方で昨年この役を全うする事が出来なかった法弓師の方の無念も判った様な気もします。さぞかし、悔しい思いをされた事でしょうね。

最後は、降伏した鬼達が、きりきり舞いをしながら退場をして行く場面です。これも動画でご覧下さい。

鬼法楽が終わった後は、餅と蓬莱豆が撒かれます。今年は餅を2個ゲットすることが出来、とてもラッキーでしたよ。

雨の中を2時間以上も立ち続けた訳ですが、それだけ大変な思いをしただけの事はありました。それほど気温が低くなかった事も幸いしましたしね。ただ、最後は疲れ切ってしまい、鬼のお加持を受けるだけの元気が無かったのが心残りです。


| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »