« 恋する京都 ロケ地案内~大沢池 石仏群~ | トップページ | 京都・洛東 天周~穴子天丼~ »

2008.06.06

京都・洛東 しるこセーキ~二年坂・かさぎ屋~

Kasagiya0806067

石塀小路から二年坂までやって来ました。石塀小路からここまではわずかの距離なのですが、いつの間にか霧雨も止んでいて、傘が要らなくなっています。

Kasagiya0806065

二年坂と言えばかさぎ屋さん。やはりこの佇まいはこの界隈ならではのものがあります。

Kasagiya0806061

かさぎ屋さんにはこれまでも何度か寄せて頂いていますが、今回は以前から気になっていた「しるこセーキ」を頼んでみました。この店でしか食べる事が出来ない、5月から9月までの夏季限定メニューです。

これが何かと言えば、フローズンのお汁粉です。作る所を見た訳では無いので「多分」なのですが、氷らせたお汁粉を、かき氷状に細かく砕いたものと言えば間違いないでしょうか。以前に氷しるこを紹介した事がありますが、あれは汁粉の上にかき氷を乗せたものだったのに対し、しるこセーキはお汁粉自体が氷っているのですね。

もっとも、全部がお汁粉のかき氷かと言うとそうでもなく、食べやすい様にでしょうね、冷えたお汁粉と氷の部分が相半ばしています。味はお汁粉の旨味が濃厚にありながら、甘味を押さえたあっさり味でなかなか美味。ただ、雨上がりの肌寒い時に食べるのには、ちょっと冷たすぎたかも知れません。暑い盛りになら、もっとぴったりと来たでしょうね。

Kasagiya0806062

こちらは、一緒に行った息子が頼んだ普通のお汁粉です。暖かい分、味と甘味ははこちらの方が濃厚ですね。でも、少しもしつこく感じないのは、さすがと言えましょうか。値段はどちらも650円です。

Kasagiya0806063

最初のうち、かさぎ屋さんに居たのは私たち二人だけでした。やはり雨の日には客入りも悪いのかなと思っていたのですが、暫くするうちに次々と客が訪れ、やがて満席になってしまいました。この店の人気ぶりは相変わらずの様ですね。

Kasagiya0806066

店にはエアコンもありますが、冷房を入れるには気温が低く、かと言って締め切ってしまうには湿度が高すぎたのでしょう、入り口は開け放たれています。掛かっているのは夏用なのでしょうね、麻地の透けた暖簾が涼しげでしたよ。


|

« 恋する京都 ロケ地案内~大沢池 石仏群~ | トップページ | 京都・洛東 天周~穴子天丼~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

昨年から気になっていたしるこセーキ
是非、この夏には食したいです(^◇^)

投稿: Milk | 2008.06.07 15:37

Milkさん、

これはなかなか美味でしたよ。
夏の盛りに是非食べて下さい。

あと、氷しるこもね。

投稿: なおくん | 2008.06.07 23:04

こんばんわ。

わーっどちらもおいしそうですねぇ。

白玉もお餅も大好きです。
ぜひ行ってみたいですね。

しるこセーキはなんとなく沖縄のぜんざいを思い出してしまいました。値段は半分くらいですけどね。

http://www.zenzainofujiya.com/fujiya/menu/zenzai.html

投稿: きょん。 | 2008.06.12 00:39

きょん。さん、

ここは甘党には有名な店ですから、是非行ってみて下さい。
夏でも冬でも、どちらでもOKですよ。

ところで、沖縄のぜんざいも面白いですね。
これでかき氷では無いのですね。
この店の氷金時に似ているかな。
小豆がこれほど大きくは無いですが、
あんこの上に氷が乗っているのは同じです。
これも美味しかったですよ。

投稿: なおくん | 2008.06.12 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/41431009

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 しるこセーキ~二年坂・かさぎ屋~:

« 恋する京都 ロケ地案内~大沢池 石仏群~ | トップページ | 京都・洛東 天周~穴子天丼~ »