« 恋する京都 ロケ地案内~築地~ | トップページ | 恋する京都 ロケ地案内~三上家路地~ »

2008.02.27

恋する京都 ロケ地案内~先斗町・道筋~

Koisurukyoto0802281

恋する京都のロケ地案内、最後は再び先斗町に戻って来ました。前回はテキスト中心だったので、今回は実地に歩いた写真を掲載する事といたします。

Koisurukyoto0802283

まずは三条大橋から見た先斗町歌舞練場です。ドラマでも何度か登場した景色ですね。あらためてじっくり見ると、随分とがっしりした建物だという事が判ります。昭和2年に完成したとの事ですが、今でこそ周囲にビルが林立しておりさほど目立たないものの、当時は町家の中にあってさぞかし異彩を放っていた事でしょうね。

Koisurukyoto0802282

一番上の写真は先斗町の道筋です。すごく狭い道である事が判るでしょう。

そして写っているのは本物の舞妓さん達です。祇園は広いせいかめったに本物と出会う事は無いのですが、ここは範囲がごく限られていますから、舞妓と遭遇する確率は高いですね。さすがに本物は着ている衣装もそして着こなしも、それは見事なものでしたよ。

そして、ここはドラマにおいて志乃と桃香がお座敷に上がっていたお茶屋の入り口です。二人は事始めの時もここに挨拶に訪れていましたね。

Koisurukyoto0802285


先斗町を歩いていて面白いのが、路地が沢山ある事です。上のお茶屋の様に行き止まりのところもあるのですが、中には木屋町通へ抜ける道もあって、ちょっとした隠れ家の様な雰囲気を持っています。それぞれの路地の入り口には通り抜け可能かどうかが表示されているので、入る前に見ておくと便利ですよ。

さて、恋する京都のロケ地案内は、とりあえずここまでとさせて頂きます。紹介出来ていないところはまだいくつかあって、

大法院      遊山寺の教室及び茶室の部分

吉田山荘    第一話の見合いの場所

鷹峯土天井町 圭吾の畑

中山人形店  第一話の福原人形店

大沢の池    第三話の思い出の場所

三上家路地  野菜の振り売りをしていた場所

などがそうですね。これらは取材ができ次第、後日アップする事といたします。

なお、ロケ地の中で一番感心が高いと思われる「八坂の塔が正面に見える公園」は、料亭「京大和」の庭園です。ここは残念ながら自由に入れるという場所ではなく、ドラマの様に子供達が鬼ごっこをしている様な事はあり得ません。無論、客としてなら入る事は可能で、京料理に舌鼓を打ちながら景観を楽しむというのはなかなか素敵なプランだと思います。(京大和のホームページはこちら。料理は全て予約が必要です。)

ただし、私は当分行く予定はありません。だって昼のランチでさえ8400円からですからね、おいそれと入れる場所ではないのです。何か特別な行事でもあれば別ですけどね。いつか懐具合が暖かくなったら、行ってみたいと思ってます。

|

« 恋する京都 ロケ地案内~築地~ | トップページ | 恋する京都 ロケ地案内~三上家路地~ »

恋する京都」カテゴリの記事

コメント

本物の舞妓さんが近くて見れたのですね。
うらやまし~(*^_^*)

先斗町はじっくりと歩いたことはないので
明るいうちに散策することにしましょうヾ(^^;)

投稿: Milk | 2008.02.28 18:46

Milkさん、

この日は何かの行事があったのか、
夕方から舞妓、芸妓が沢山歩いていました。
本物の舞妓とすれ違うなんて、
先斗町以外ではなかなか無い事ですよ。

Milkさんも夕方を狙って歩いてみられては如何?
夜ならもっと確実です。

投稿: なおくん | 2008.02.28 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/40278323

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する京都 ロケ地案内~先斗町・道筋~:

« 恋する京都 ロケ地案内~築地~ | トップページ | 恋する京都 ロケ地案内~三上家路地~ »