« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.27

恋する京都 ロケ地案内~先斗町・道筋~

Koisurukyoto0802281

恋する京都のロケ地案内、最後は再び先斗町に戻って来ました。前回はテキスト中心だったので、今回は実地に歩いた写真を掲載する事といたします。

Koisurukyoto0802283

まずは三条大橋から見た先斗町歌舞練場です。ドラマでも何度か登場した景色ですね。あらためてじっくり見ると、随分とがっしりした建物だという事が判ります。昭和2年に完成したとの事ですが、今でこそ周囲にビルが林立しておりさほど目立たないものの、当時は町家の中にあってさぞかし異彩を放っていた事でしょうね。

Koisurukyoto0802282

一番上の写真は先斗町の道筋です。すごく狭い道である事が判るでしょう。

そして写っているのは本物の舞妓さん達です。祇園は広いせいかめったに本物と出会う事は無いのですが、ここは範囲がごく限られていますから、舞妓と遭遇する確率は高いですね。さすがに本物は着ている衣装もそして着こなしも、それは見事なものでしたよ。

そして、ここはドラマにおいて志乃と桃香がお座敷に上がっていたお茶屋の入り口です。二人は事始めの時もここに挨拶に訪れていましたね。

Koisurukyoto0802285


先斗町を歩いていて面白いのが、路地が沢山ある事です。上のお茶屋の様に行き止まりのところもあるのですが、中には木屋町通へ抜ける道もあって、ちょっとした隠れ家の様な雰囲気を持っています。それぞれの路地の入り口には通り抜け可能かどうかが表示されているので、入る前に見ておくと便利ですよ。

さて、恋する京都のロケ地案内は、とりあえずここまでとさせて頂きます。紹介出来ていないところはまだいくつかあって、

大法院      遊山寺の教室及び茶室の部分

吉田山荘    第一話の見合いの場所

鷹峯土天井町 圭吾の畑

中山人形店  第一話の福原人形店

大沢の池    第三話の思い出の場所

三上家路地  野菜の振り売りをしていた場所

などがそうですね。これらは取材ができ次第、後日アップする事といたします。

なお、ロケ地の中で一番感心が高いと思われる「八坂の塔が正面に見える公園」は、料亭「京大和」の庭園です。ここは残念ながら自由に入れるという場所ではなく、ドラマの様に子供達が鬼ごっこをしている様な事はあり得ません。無論、客としてなら入る事は可能で、京料理に舌鼓を打ちながら景観を楽しむというのはなかなか素敵なプランだと思います。(京大和のホームページはこちら。料理は全て予約が必要です。)

ただし、私は当分行く予定はありません。だって昼のランチでさえ8400円からですからね、おいそれと入れる場所ではないのです。何か特別な行事でもあれば別ですけどね。いつか懐具合が暖かくなったら、行ってみたいと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.26

恋する京都 ロケ地案内~築地~

Koisurukyoto0802271

「恋する京都」第5話では、圭吾の妹である奈緒子が、兄を東京に連れて帰るべく登場します。そして志乃に向かって、兄が東京に帰らない理由はあなたが居るからだ、兄を父の元に返して下さいと一途に迫るのでした。

その場面で、二人が話をしていた喫茶店がここ「築地」です。住所で言えば京都市中京区河原町四条上ル一筋目東入ル、幕末ファンには志る幸(池田屋事件の発端となった桝屋跡)の斜め向かいと言えばピンと来る事でしょう。

Koisurukyoto0802275

ここは昭和9年創業という、喫茶店としては老舗の一つに数えられる店ですね。店内は徹底してレトロ調で統一されており、流れるBGMもクラッシックで、ロマンの香りに溢れていると言って良いでしょう。

志乃達が座っていたのは丁度この場所ですが、ドラマでは撮影スペースの確保のためでしょう、一角のテーブルと椅子を取り払い、窓に平行した二人掛けの席として仕立て直されていました。あるいは窓から入る光線を意識したのかも知れないですね。

Koisurukyoto0802273

この店はウインナーコーヒーがレギュラーなのですね。私はウインナーコーヒーと頼んだのですが、厨房には「ホットひとつ」とオーダーが通ったので少し面食らいました。

味の方はまずまず、今時白の角砂糖というのもちょっと珍しいでしょう?

Koisurukyoto0802272

客1人あたりのスペースは広いとは言えず、このあたりも古い喫茶店の仕様を引きずってますね。まあ、それも馴染み客には居心地が良いものなのかも知れません。それが証拠に、寂れていく喫茶店が多い中で築地は結構な賑わいを見せており、若い人達も多く居て活気にあふれていました。それがこの日はたまたまだったのか、それとも日常的に繁盛しているのかは判りませんが、いつまでも続いて欲しい店だと思います。

Koisurukyoto0802276

築地と対照的に、時の流れと共に消えてしまった名店もあります。

実は私は「築地」には馴染みが無く、学生時代に通っていたのはもっぱら「みゅーず」の方でした。2つの店はご近所同士で、どちらも良く似た雰囲気の店だったのですが、高瀬川の流れが見える席が好きで、私は「みゅーず」の贔屓になったのでした。

ねこづらどきに「みゅーず」の記事を書いたのは2005年12月の事でした。しかし、わずかその半年後に閉店してしまい、今はこのとおり焼き肉屋さんとなっています。良い雰囲気の店だっただけに、無くなってしまったのは残念な限りですね。

あの窓際の席に座って高瀬川を眺める事はもう出来ないのかと思うと、なんとも寂しさが募ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.25

恋する京都 ロケ地案内~岡崎周辺~

Koisurukyoto0802266

恋する京都第4話「八坂の塔で恋のデュエット」においては、岡崎周辺が主なロケ地になっています。その一つが、疎水沿いにある夷川発電所です。動物園に向かう志乃と圭吾が待ち合わせ場所にしていたのがここで、冷泉通と疎水に挟まれた場所に、煉瓦造りのバーゴラが設置されています。

これが何かと聞かれると実は困るのですが、おそらくは疎水沿いの遊歩道整備の一環として、煉瓦造の夷川発電所に合わせて、休憩所を設けたものではないかと推測されます。

Koisurukyoto0802268

ドラマには登場していませんが夷川発電所はこのあたりではちょっとした見所でして、1914年(大正3年)4月に完成した水力発電所であり、今でも現役で稼働しています。

Koisurukyoto08022610

左の煉瓦造の建物が発電所で、明治の香り(完成したのは大正ですが)がするでしょう?ここまでわざわざ見に来る人は少ないでしょうけれども、京都における近代史のモニュメントの一つとして、押さえておきたい施設だと思ってます。

それにしても、貯水池と放水口とではほとんど落差が無い様に見受けられるのですが、これで発電出来るというのですから凄いですよね。

Koisurukyoto0802267

夷川発電所の出力は300kWであり、京都市全体の電力需要からすれば微々たるものなのでしょうけれども、開設以来100年近くも電気を送り続けてきたのですから、それはそれで大したものだと思います。何より二酸化炭素を出さないのですからね、これから先も末永く現役として使われ続ける事でしょう。

Koisurukyoto0802261

志乃と圭吾が車で向かった先は京都市動物園でした。実は夷川発電所からなら歩いて10分足らずの距離で、車を駐車場に停める手間を考えれば、歩いて来た方が早いかも知れないという位置関係にあります。普通ならわざわざ夷川発電所で待ち合わせなどしないでしょうね。

ここは結構人気のあるスポットで、この写真を撮った日もひっきりなしに人の出入りがありました。カップルも多く、圭吾が志乃を誘ったのも不自然な設定では無いですね。なお、京都市動物園の記事については、こちらを参照して下さい。残念ながらカバの写真は無いのですけどね。

Koisurukyoto0802263

第四話においては、志乃の隣人である良美の子連れ再婚がテーマになっていました。その良美が交際相手の工藤と一緒に居るところを、とある店の中に居た志乃が見つけるという場面があったのですが、その舞台となったのがここ六盛茶庭です。

Koisurukyoto0802262

この殺風景な写真は店の向かい側にあたるのですが、良美がタクシーで去る工藤を見送っていた場面の背景になっていた所でして、ドラマを録画している人は確認して下さい。実はこの店がなかなか判らず、この景色を頼りに探し当てたのです。場所は京都市左京区岡崎西天王町60、判りやすく言えば平安神宮の西、武道センターの向かい側に当たります。

Koisurukyoto0802265

探し当ててみると六盛茶庭は、スイーツ好きの人の間では結構有名な店なのでした。スフレ専門の店なのですが、いつもは行列が出来る人気店なのだそうです。行ったのはみぞれ交じりの寒風が吹き付ける酷い日だっのですが、それでも店内には順番待ちの人が居て驚かされました。とても1人で入れる雰囲気ではなかったので中は良く見てないのですが、外から見た限りでは調度はドラマのとおりの様でしたよ。

それにしても今考えてみると、GOSPELといい六盛茶庭といい、NHKは当時話題のスイーツの店をロケ地に選んでいた様ですね。両方とも今でも人気がある店ですが、そっち方面のアンテナが低い私には制作者の意図が判らなかったです。もう少し守備範囲を広げなくてはいけないかな。でも老舗ならともかく、若者向きの新しい店はちょっと苦しいですねえ...。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.24

恋する京都 ロケ地案内~GOSPEL~

Koisurukyoto0802251

京都を舞台とした恋する京都ですが、最終回では東京に舞台が移ります。それがレストラン佐竹。圭吾のお父さんが経営するレストランですね。

圭吾は元々父のレストランで働いてしたのですが、祖父が倒れた時に京野菜の畑を継ぐべく京都にやって来たのでした。そして今度は父が身体の不調を訴えたために、東京へと舞い戻ったのです。

ドラマでは一瞬東京タワーが映った後でこのレストランのシーンになっており、如何にも東京で撮影したかの様に見えていました。しかし、実際にはあのレストランの建物は京都にあったのです。それがこのGOSPELで、住所を記せば「京都市左京区浄土寺上南田町36」、判りやすい目印から言うと銀閣寺のすぐ近く、「おめん」の斜め向かいになります。

Koisurukyoto0802252

GOSPELは、20世紀の日本に数多くの西洋建築を残したウィリアム・メレル・ヴォーリズの流れを汲む建物の様です。この建物が出来たのは1982年の事で、その何年も前にヴォーリズ本人は亡くなっているのですが、後を継いだお弟子さん達が設計したらしいですね。

Koisurukyoto0802253

なんと言っても、赤煉瓦の塀とこの三角屋根が洒落ています。周囲は住宅街で、こんなところに立派な洋風建築があるとはと驚かされるのですが、これだけ本格的だとかえって違和感を感じませんね。

Koisurukyoto0802255

ドラマにおいて東京タワーから切り替えのシーンで、圭吾が歩いていたのがこの道です。GOSPELの南側の道で、確かにここだけを見せられると東京と言われても判らないですね。なお、志乃が圭吾を訪ねてきた時にも同じ道を歩いています。

GOSPELはカフェ兼パブであり、午後12時から午前0時まで営業されている様です。と書き方が曖昧なのは入った事がないからで、確証を持てないで居るのです。ここには2度行っているのですが、1度目は営業時間の変更、2度目は全館貸し切りの為に入る事が出来ませんでした。ネット上の情報に依れば、店内の調度はドラマに出てきたとおりの洒落た内装になっている様ですね。

また、津田陽子さんのロールケーキ「フロール」が食べられる事でも、スイーツ好きの間では知られている様です。ただし、曜日限定とか電話予約が必要とかの情報もありますので、ロールケーキ目当てで行かれる場合は、あらかじめ電話で確認される事をお勧めします。

さらには、1階は「迷子」というアンティーク兼喫茶店の別の店の様ですね。このあたり、実地に見分出来てないので、あいまいな情報ばかりでちょっと申し訳ないです。またいつか入る機会があれば、内部のレポートをアップしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.23

恋する京都 ロケ地案内~祇園~

Koisurukyouto0802231

恋する京都で祇園が登場したのは、第2回「私、京おんなになりたい!」の時だけです。これはたぶん、志乃が先斗町の芸妓という設定ですから、祇園は使いにくかったからなのでしょうね。

ドラマの設定では、高子があこがれる後藤のアクア・バーが祇園にある事になっていましたが、あのバーが実在するかどうか私には判らないので、ここではパスします。

それ以外では、拉致されたらしい後藤を高子が、その高子を志乃・圭吾の2人が探し回るというシーンに使われました。出てきた場所は主として祇園白川の周辺でしたが、とぎれとぎれに撮影した事もあってか位置関係はばらばらで、祇園を良く知る人が見ると相当混乱したのではないかと思われます。

この巽橋は一連のシーンの最後、高子が倒れている後藤を見つける直前の場面で出てきます。

Koisurukyouto0802232

この新橋通は、志乃と圭吾が高子を捜すシーンにほんの少し出てきます。ただし、方向は写真とは逆でしたけどね。

(例によって写真を撮った時期がそれぞれ異なるので、季節はまちまちです。)

Koisurukyouto0802235

ここはちっょと気付きにくいでしょうね。高子が走り過ぎた道なのですが、新橋通と新門前通を結ぶ路地です。そして、ここから新橋通に飛び出した時に志乃と圭吾に見つかるのですが、高子は気付かずに走り続けるという設定になっていました。

Koisurukyouto0802233

最後に後藤が倒れていたのが辰己大明神の前でした。ここで喧嘩をしていたのならもっと前に見つかっていたはずなのですが、そこはドラマの設定という事で流します。まあそれ以前に、こんな人通りの多いところで殴り合いをしていたのなら、高子達より先に警察が飛んできていたと思われるのですけどね。

ドラマから4年が経って変わったと思ったのは、灯籠に沢山貼られていたお札がすっかり剥がされている事ですね。後藤が倒れていたのが左の灯籠の根本なのですが、ドラマのシーンとは違って今は随分すっきりとなっています。

後藤を助けた高子は、彼に肩を貸しながら左の白川南通を歩いていったのですが、大阪に帰ったと思いきや遊山寺へ連れて行ったのですね。ここでも方角がまるで逆じゃないかと突っ込みを入れたくなるのですが、それも置いておきましょう。

鶴田真由さんの日記に依れば、撮影当日は雪模様で、雪の止み間を縫っての撮影だったそうです。寒さに震えながら、ひたすら忍耐の連続だった様ですね。そんな苦労の跡が演技に見えないのは、さすがにプロの俳優さん達というところでしょうか。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.22

恋する京都 ロケ地案内~八坂神社~

Koisurukyouto0802188

八坂神社は、第1回に志乃と圭吾が出会った場所として登場します。二人が出会ったのは夜の八坂神社、南楼門の前の石段でした。

Koisurukyouto0802187

志乃がこの石段を登ろうとした時に草履の鼻緒が切れ、困っていたところに圭吾が現れたのです。草履を脱いで裸足で歩こうとする志乃を見て、芸妓さんがそんな事をするもんじゃないと言い、志乃を抱え上げたのでした。

実は、志乃には同じ様な事が以前にもあり、当時まだ舞妓だった志乃が、この階段の前でこっぽりの鼻緒が切れた拍子に倒れてしまい、そこに現れた太郎が志乃をお姫様だっこに抱いて石段を登ったのでした。

志乃は、圭吾に抱かれた時にそのフラッシュバックが起こり、圭吾と太郎と混同してしまいます。

Koisurukyouto08021810

この導入部については数々の疑問点があり、突っ込みたいところが山程あるのですが、今さらそれを言っても仕方が無いのでここでは触れないでおきます。ただ、この入り方をするのなら、志乃を祇園の芸妓にしておけば良かったのにと思ってしまいますね。

Koisurukyouto0802215

第3話で登場した八坂神社の祇園神水です。別名「力水」とも言いますね。地下90mの深さから組み上げられており、八坂神社の地下にあるという龍穴と同じ水脈だとも言われています。ただし、この井戸自体は比較的最近に掘られた新しいもので、由緒正しい井戸という訳ではありません。

Koisurukyouto0802212

その力水とセットで語られるのが、この美御前社です。美容の神様として知られ、力水を飲んでからここにお参りすると、美人になれると言われています。

ここは以前は祇園の舞妓や芸妓がお参りする程度だったのですが、最近は周囲が整備されて派手になり、その存在も広く知られる様になりました。霊験は祇園の舞妓が証明していますから、美しくなりたいと願う方は是非お参りされると良いですよ。なお、特に女性に限定はされてませんから、男性でも効果はあると思われます。

Koisurukyouto0802213

大晦日限定ですが、白朮(おけら)祭の灯籠です。第4話で出てきましたね。大晦日の夜にこの灯籠で白朮(キク科の植物)が燃やされ、その火を吉兆の火縄に移して家に持って帰るという風習です。そして、その火だねで熾した火で雑煮を炊き、1年の無病息災を願うのですが、でもほとんどがガスコンロの世の中ですし、どうやって火だねにするのか困惑するところですね。ましてや、IHともなればどうしようもない無いなあ。

あの持ち帰った火は、皆さんどうしているのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.21

恋する京都 ロケ地案内~三年坂界隈~

Koisurukyouto0802202

この三年坂界隈もまた、恋する京都で頻出する景色です。第2話では高子と志乃がここを歩き、第3話では似顔絵を持った晶と英輝が圭吾と出会ったのが坂の途中でしたね。(以下、撮った時期が異なりますので、写真毎に季節が変わる事をあらかじめお断りしておきます。)

Koisurukyouto0802203

そして、第2話において、志乃が男6人と女1人の団体を七福神に見立てた場所がこの店の前でした。この谷口松韻堂は江戸時代から続くという清水焼の専門店で、各窯元から焼き物を仕入れてはここで販売をされています。いつ行っても店先に焼き物が溢れているという感じの店ですね。

かつては、この店の続きである坂の西側には登り窯があったとの事で、清水寺へ向かう参拝者の列の横で、濛々たる煙が上っていた事でしょう。

Koisurukyouto0802201

ここが志乃が高子に「おいでおいで」を教えた四辻です。本当に花街にあの風習があるのかどうかは知らないのですが、ドラマでは見事に効果を発揮していましたね。志乃は圭吾を、高子は後藤をそれぞれ呼び寄せた訳ですから。(上の写真は去年の9月、下の写真は今年の1月に撮ったものなのですが、その間に行われた工事によって石畳が失われています。)

Koisurukyouto0802225

第3話において、志乃が菊を案内して焼き物師の晴雄を訪ねた店です。二人が入ったのは手前の六々堂だったはずなのですが、実際に店内が映されていたのは左の嘉祥窯の方でした。嘉祥窯は森岡嘉祥という陶芸家の店で、現在で三代目になるのだそうです。

また、ここは以前は阿古屋茶屋という水茶屋があった場所で、今でも二年坂に面して同名のお茶漬け屋さんが残っていますね。たぶん、かつては一軒の家だったはずで、この洒落た店構えは水茶屋時代の面影を残すべくデザインされたものなのかも知れません。

Koisurukyouto0802205

三年坂からは外れますが、清水小学校もまた重要な舞台の一つになっています。ここは明治2年創立という大変由緒ある小学校なのですが、ドラマの中では八坂小学校という名称になっていました。第2話の京野菜の授業と高子のサッカー、第4話の学芸会の舞台として登場していましたね。

Koisurukyouto0802206

出来るものならグラウンドから見える八坂の塔の写真などを撮りたいのですが、部外者が勝手に入る事が許されるはずもなく、外から見える景観だけをアップしておきます。

この校舎自体は昭和8年に完成したものですが、恐ろしくがっしりとした構えの校舎ですね。京都の小学校は地域ごとに何かに付けて張り合ったという経緯がありますから、きっと地元から多額の寄付があったのでしょう。京都を代表する産業の一つである清水焼の地元として、当時最先端の技術を駆使した建物を奢ったのではないでしょうか。そんな地元の気概が今に伝わっている様な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.20

恋する京都 ロケ地案内~清閑寺~

Koisurukyouto0802183

恋する京都で遊山寺として描かれているのが、この清閑寺です。(写真は以前に撮ったものを使用しているため、今と季節が合わない事をあらかじめお断りしておきます。)

まず、清閑寺についての概略を記します。

清閑寺は、802年(延暦21年)紹継により天台宗の寺として創建されました。その後一時寂れた時期があったのですが、一条天皇条在位中(986年~1011年)に佐伯公行により再興されています。本尊は菅原道真が梅の木で自ら彫ったという十一面観音像で、再興後は清水寺と並ぶ大寺として栄えたていたのですが、応仁の乱によって荒廃し、以後元に復する事はありませんでした。

そして、慶長年間(1596年~1615年)に今の規模で復興された際に、真言宗智山派の寺となっています。つまり、現在は智積院の末寺にあたる訳ですね。

また、ここは「平家物語」に出てくる小督局ゆかりの寺として知られ、小督局は高倉天皇の寵愛を受けた事が平清盛の怒りに触れ、ここで出家させらました。小督局23歳のときで、そのままここで亡くなったと伝えられます。そして、高倉天皇の遺言により、小督局の眠るこの地に天皇の陵墓が築かれています。

この階段はドラマにおいては、子供達が書道教室に通うシーン、晶達が学芸会の練習に通うシーンなど、度々登場していますね。

Koisurukyouto0802186

門を入ってすぐに目に付くのかこの本堂です。これもドラマに頻出する建物ですね。一見して判る様に、背後にはすぐ山が迫っており、ドラマにあった書道教室の建物はここには存在しません。あの部分は妙心寺の塔頭大法院であり、あたかも一体であるかのように編集されているのですね。

その大法院ですが、普段は非公開であり、春と秋に特別公開が行われている様です。佐久間象山の墓がある事でも知られていますが、残念ながら私はまだ行った事はなく、画像はありません。後日機会があれば記事としてまとめてアップしたいと思ってます。

Koisurukyouto0802185

境内の西にあるのが要石です。向こう側の景色が扇の形の様に見えるでしょう?その扇の要の位置にある石である事から、この名で呼ばれる様になりました。

この石に願を掛けると叶うと言われているのですが、ドラマではこの石の前に縁結び地蔵が置かれていました。縁結び地蔵は恋愛に特化してはいますが、願い事にご利益があるという点では、この要石の言い伝えを踏襲していたとも言えますね。

ところで、この寺に恋愛成就のご利益があるという話は聞きませんが、先に触れた小督局と高倉天皇の悲恋からシナリオのヒントを得たものだったのかも知れないですね。さらには、大根炊きという行事もありませんので、ドラマを見てあまり多くを期待しすぎると、がっかりする事になるかも知れません。

Koisurukyouto08021812

第3話で大晦日のシーンがありましたが、志乃達が除夜の鐘を撞いていたのがこの鐘楼です。ただ、実際に大晦日に撞かせて貰えるかというと良く判りません。調べた限りでは参拝者が撞ける寺には入っていないので、無理ではないかと思うのですが。

ちっょと気になるのが手前にある石碑で、ドラマでも一部が映っていました。大西郷とあるのですが、これはあの西郷隆盛の事です。

丁度いま大河ドラマ「篤姫」の脇役として登場していますが、その西郷が清水寺の勤皇僧・月照と共に朝廷工作をしていた際に、謀議の場所として使っていたのがこの鐘楼の背後にあった郭公亭という茶室でした。今は解体されてしまっており跡形も無いのですが、わずかに小さな門だけがその名残を留めています。

郭公亭は篤姫の中に出てくるか、せめて縁の場所として紹介されるかと思っているのですが、どんなものでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋する京都 第5回「恋のオバケは福の神」

恋する京都 第5回「恋のオバケは福の神」、まずはいつもの様にロケ地の速報からです。

志乃と奈緒子が話をしていた喫茶店  「築地(つきじ)」 河原町四条上がる一筋目東入る

レストラン佐竹  「ゴスペル」 左京区浄土寺上南田町36(銀閣寺「おめん」の斜め向かい)

追加情報

第1回放送時の福原人形店 「あしだや 中山人形店」 下京区土手町通正面下ル紺屋町


さて、あっという間に最終回を迎えてしまいましたね。互いを思いやった志乃と圭吾の恋は無事に成就し、ハッピーエンドを迎える事が出来ましたが、やはりこの続きが見たいです。是非続編を期待したいところですね。

今回見直して改めて思ったのは、映像がとても綺麗だという事です。カメラワークが素晴らしくて、志乃や晶を美しく撮るばかりでなく、京都の町を実に魅力的に描いてくれていました。なるほど、コアな京都のファンの心を捉えただけの事はありますね。あんな具合に写真が撮りたいものだと、思わずには居られません。

再放送中は、「恋する京都」をキーワードにした数多くのアクセスがありました。当ブログには前回の放送をきっかけに書き貯めた京都に関する記事が沢山ありますが、たとえ1人の方でも共感を覚えて頂けたとしたら、私としても嬉しい限りです。

放送は終了しましたが、ロケ地探訪はまだ続きます。よろしければ、もう暫くの間お付き合い願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.19

恋する京都 ロケ地案内~八坂の塔~

Koisurukyouto0802182

恋する京都ロケ地案内の2回目は八坂の塔です。ここは志乃の現在の住まいである沢井写真館がある場所として設定されていますが、現実にはあの古めかしい写真館は存在しません。この写真の左手、千枚漬の幟りのある店の手前側に、写真館のセットが作られていたのですね。

ちなみに、この漬け物屋さんも第4話で「中井漬物店」として登場しましたが、残念な事に今は取り壊されて現存しません。雪の八坂の塔の写真を見て貰うと判るのですが、該当箇所にブルーシートが見えるでしょう?上の写真は去年の12月半ばに撮ったものなのですが、その2ヶ月後には取り壊されてしまったという次第です。跡地がどうなるかまでは判りませんが、これでドラマのシーンが一つ減った事になりますね。

Koisurukyouto08022011

八坂の塔のアップです。この写真の一番下の層に白く反射している部分が見えると思いますが、ここが志乃がいつも座っている窓がある場所です。本来は木枠の窓があった場所に、ガラスを嵌め込んで眺望を確保したものと見て取れますね。

Koisurukyouto0802208

八坂の塔はこの窓のある二階まで昇る事が出来るという、貴重な存在でもあります。一層目には五智如来座像が祀られ、さらには礎石の部分まで見る事が出来るのですが、常時ここまで公開されている塔は他にはありません。(この塔のレポートについては、こちらの記事を参照して下さい。)

その窓から眺めた景色です。絶景という程でもないですが、まずまずの景色でしょうか。特に道行く人達の様子が判るのが、ここの良いところかも知れません。

ただ、内部は思った以上に狭く、かつ埃っぽいですね。さらに言えば、当然の事ながら空調が無い上に、自然の空気の流れも無い(窓はガラスで塞ってます)ですから、夏は極端に暑く、冬は極寒となります。ですから、志乃の様に好きこのんで座りに来たいという様な快適な場所ではありません。

また、階段は垂直に近く、上り下りにはちょっとした労苦を伴います。もし志乃の気分を味わいたいと思ったら、ほんの少しですが、軽い覚悟をしておく事が必要となります。特にハイヒールは厳禁ですよ。

Koisurukyouto08022010

その反対側にもやはりガラス窓があります。こちら側の景色はお世辞にも良いとは言えないのですが、もみじが眼下になるので紅葉の時期には良いかも知れないですね。

また良く見ると、京大和の建物が見えています。京大和からの眺めはドラマにも出てきますが、その反対側というのはちょっと珍しいですね。まあ、だからどうだという事も無いのですが。

なお、第四話ではこの塔の中のシーンがあるはずだったのですが、何かの都合により実現されませんでした。すぐに見つかる道端に隠れるという不自然なシーンがあるなど展開が少し不自然な部分があったのは、そのせいだったのですね。何より、タイトルと整合が取れなくなったのがちょっと残念でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋する京都 第4話「八坂の塔で恋のデュエット」

恋する京都 第4話「八坂の塔で恋のデュエット」、いつもの様にロケ地の速報からです。

中井漬物店 つけもの処「伊勢屋」(ただし、現在は取り壊されています。)

良美が八坂の塔の絵を描いた場所 京大和

圭吾が振り売りをしていた場所 西陣「三上家路地」

良美が秀輝を探した繁華街 河原町蛸薬師西入る

志乃と圭吾が待ち合わせをした場所 夷川発電所

動物園 京都市動物園

志乃が車から降りた場所 たぶん二条城付近

晶と圭吾が話をしていた公園 高台寺公園

学芸会の会場 清水小学校

今回は晶ちゃんの活躍が見事でした。本当に達者な子役ですね。このドラマを楽しくしてくれている、名脇役と言っても良いでしょう。

村崎真彩ちゃんはその後「風のはるか」にも出演していましたが、あれから4年が経って今年で14歳になるのですね。将来どんな大物女優になるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.18

恋する京都 ロケ地案内~先斗町~

Koisurukyouto0802223

恋する京都のロケ地を巡るシリーズ、まずは先斗町から始めましょうか。

先斗町は鴨川のすぐ西に位置し、四条から三条までの間の細い石畳の道筋の両側に連なる町並みを指します。どれだけ道が細いかと言えば、大人二人が並んで歩くとほぼ道幅が一杯になってしまう程で、ここを歩く時には譲り合いの精神が不可欠です。先斗町は京都に五つある花街のうちの一つなのですが、この道幅の狭さから来る独特の風情が、この町の持つ特色の一つと言えるでしょう。

また、道の東側に位置する店は鴨川にも面しており、ほとんどの店が京都の夏の風物詩である床を出しています。この床を持つという事も、他の花街には無い持ち味の一つでょうね。

さらには、お茶屋のみならず一般の飲食店が多い事も特徴で、隣接する木屋町とは数多くの路地で繋がっており、二つの町が事実上一体化しつつある様にも見受けられます。

そんな中でも花街の伝統は頑なに守られており、その中心となっているのが先斗町歌舞練場です。恋する京都においても何度も登場していますが、普段は舞妓・芸妓の稽古場として、そして毎年5月には鴨川踊りの会場として使われています。

Koisurukyouto0802181

恋する京都の主役である志乃は芸妓、その妹筋にあたる桃香は舞妓にあたります。舞妓と芸妓の違いは年齢にあり、20歳になると舞妓は襟替えをして芸妓へと変わるのです。一般に舞妓の方がもて囃されますが、実際に芸や座持ちが達者なのは芸妓の方であり、舞妓はまだまだ修行中というのが実情の様ですね。

ではなぜ舞妓の方が人気があるかと言うと、やはり圧倒的に数が少ないという事、それに初心である事が粋人には新鮮に映るのでしょう。両者の見分け方は髪型や化粧の仕方など色々ある様ですが、手っ取り早いのは帯を見る事で、舞妓は帯を垂らした「だらりの帯」、芸妓は普通に結んだ帯をしています。だらりの帯は華やかではあるものの、花街の世界ではまだまだ半人前であるという印でもあるのですね。

なお、私は見た事がありませんが、仕込みから舞妓に上がる直前にする半だらりという帯もあるそうです。

花街においては屋形(置屋)とお茶屋の二通りの店があり、客が上がって遊ぶのがお茶屋、芸妓・舞妓が所属しているのは屋形と呼ばれます。お茶屋は客が来ると屋形に連絡して、芸妓や舞妓を呼ぶ訳ですね。この時、料理は仕出屋に頼むのが普通で、お茶屋とは貸座敷業、すなわち客に部屋を提供し、客の求めに応じて遊びをコーディネイトする稼業と言えば判りやすいでしょうか。

屋形では舞妓志望者を入れ、一人前になるまで面倒を見ます。この間、衣装や食費など必要な経費は全て屋形で負担し、一人前の舞妓になればその稼ぎから回収して行きます。この額は結構大きく、一説によると3千万円程度になるそうですね。その借金を返す期間を年季と言い、年季が明けるまでは舞妓・芸妓は屋形に住み込む事になります。年季が明ければ独立した自前の芸妓として屋形を出る事が許される訳ですが、志乃はこの自前芸妓という事になりますね。

ただ、年季も明けないままに飛び出した舞妓が、そう簡単に元の世界に戻る事が許されるものかどうかは判りません。相当なゴタゴタがあったであろう事は容易に想像出来ますが、ドラマにおいては遊心が全てを引き受けたと言ってましたから、彼女が裏で動いて、事態を丸く収めたという事なのでしょう。実際、お寺さんは花街の上得意と聞きますからね...。

それはさておき、志乃の日常を見ていると随分と余裕がある様ですが、実際の芸妓達の日常は、夜のお座敷の他に稽古とあいさつ廻りに明け暮れており、それほど優雅なものでは無い様です。自前芸妓ともなれば、屋形でやってくれる雑務も全てこなさなければならないでしょうから、なおさらでしょうね。

歌舞練場における稽古の種類は多岐に及び、踊りの他にお茶、お花、長唄、小唄、三味線など、様々な芸を習得して行かなければなりません。その修行の厳しさも、ドラマにおいて桃香が手ひどく叱られていた様に相当なものの様ですね。

このあたりの事情が判る興味深いサイトを見つけました。咲くちゃん日記というのがそれで、先斗町の現役の芸妓さんが綴っておられるブログです。過去の記事を見ていけば、それこそドラマ出てきた様な稽古風景が沢山掲載されており、なるほどあの世界は現実にあるのだと実感出来ますよ。花街の内側を知りたい人には、最適のサイトかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋する京都 第3回「鹿ヶ谷かぼちゃは初恋のときめき」

まずは第3回「鹿ヶ谷かぼちゃは初恋のときめき」のロケ地速報から。

今回はほとんどが三年坂界隈でした。

晶と英輝が圭吾と出くわした坂道、焼物師の晴雄が居た店、志乃と圭吾がラストシーンで歩いていた道などがそうですね。

菊と志乃が訪れた池 大沢の池

菊と志乃が水を飲んでいた場所 八坂神社の御神水

菊と志乃が歩いていた場所  円山公園(八坂神社の東北の鳥居を出たあたり)

菊と志乃が弓で遊んだ場所  円山公園内の「大弓射場 園山」

クリスマスの日に子供達が並んでいた場所  石塀小路


以下、簡単な感想を。

以前にも同じ事を書いてますが、今回はやっぱり圭吾が菊に言ってあげた、「祖父は、あなたが教師としてしなければならない仕事があったから来なかったのだと、判っていたと思う。」という言葉が心に残ります。この一言で、菊の心を縛り付けようとしていた重い呪縛を解き放ってあげたのですからね。また、その前に「孫としての特権」と断りを入れたのも効いてましたね。その前提を置いた事で、祖父にとても似ているという圭吾の言葉に真実味が加わりました。このあたり、改めて見るとシナリオの巧妙さに気付かされます。

それと、「太郎さんとの思い出が沢山ある志乃が好きになった」という圭吾のセリフも泣かせますね。今回は圭吾の優しさが際だった回だったと思います。(ただ、このセリフって、めぞん一刻の五代君のセリフと良く似ているのですよね。もしかしたら、作者も意識していたのかなという気もします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.14

恋する京都・第1回「京にんじんは恋の味」再放送オンエア!

延び延びになっていた「恋する京都」の再放送が、やっと実現しました。その第1回「京にんじんは恋の味」を4年ぶりに見た訳ですが、うーん、何だか新鮮に感じますね。

じっくり見るとストーリーの展開にやや無理があるし、あちこち突っ込みどころは満載なのですが、そんな事は全て脇に追いやって、ひたすらこのドラマの情緒を楽しむ事にします。

ロケ地の探訪など詳しくは後日行う予定ですが、とりあえず気の付いたところを上げておくと次のとおりです。

沢井写真館  八坂塔下商店街。ただし、写真館そのものはロケセットであり、今は現存しません。

遊山寺  階段、本堂、及び縁結び地蔵のある境内は清閑寺。書道教室は妙心寺塔頭の大法院。

恭子の見合いの場所  多分、吉田山荘。行った事が無いので確信は無いのですが。

圭吾の畑  これも多分ですが、山の姿から見て、鷹峯のどこかと思われます。

八坂の塔から志乃が見た景色  こちらの記事を参照。の事。

まだ一回見ただけですが、やっぱり良いドラマだと思います。エンディングを見ると、なんだかとても懐かしい気分になりました。京都の記事を書き始めた頃に戻って、新たな気分でブログを続けられそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.04

京都・洛中 廬山寺「追儺式鬼法楽」

Rozanji0802052

2月3日の京都は、様々な節分の行事で賑わいます。その中でも最も知られた行事の一つが廬山寺の「追儺式鬼法楽」、通称「鬼踊り」でしょう。

この行事は、廬山寺の開祖である元三大師が、宮中において悪鬼を、独鈷、三鈷の法器を用いて降伏させたという故事に基づくものです。

行事は楽人・追儺師・蓬莱師・降摩面持者・独鈷三鈷持者などが元三大師堂に入り、厄除け開運、福寿増長の護摩供の修法を行うところから始まります。そこに、人間の持つ三毒、すなわち貪欲、怒り、愚痴の変化である三匹の鬼が現れ、手に手に武器を持って所狭しと踊り廻り、四股を踏む様な動作で周囲を威嚇しながら堂内へと侵入して行きます。

この赤鬼が持っているのは松明と剣ですね。順番から行くと「貪欲」を表す鬼になるのでしょうか。

Rozanji0802053

これは大斧を持った青鬼です。「怒り」に相当する鬼なのかな。

Rozanji0802055

そして、大槌を担いだ黒鬼です。「愚痴」の変化なのでしょうか。

Rozanji0802056

舞台の上で散々に踊って周囲に凄みを効かせた後は、元三大師堂に入り込み、修法の最中である僧侶達を取り囲んで、その邪魔をしようとさらに踊り続けます。

ここで、ホームページの解説によると、追儺師の邪気払いの法弓を放ち、鬼を退散させるとあるのですが、この日はどういう訳か弓は省略されていました。何か理由があったのでしょうか。

Rozanji0802057

法弓は無かったものの、修法によって無事に鬼をこらしめる事が出来たのでしょう、やがて武器も失ってふらふらになった鬼が、きりきり舞いをしながら御堂から出てきました。そして、鬼達が舞台から去ると鬼踊りはお仕舞いです。

この間約一時間程なのですが、鬼の出入りの時にちょっと間が開くので、初めて見ると時間を持て余し気味になるかも知れません。でも、それぞれの鬼は勇壮な中にもユーモラスな所作で、辛抱して待つだけの値打ちは十分にありますよ。

Rozanji0802058

追難式が終わると、今度は邪気を祓われた鬼に依る「鬼の御加持」が行われます。邪気を祓われたとはいえ、鬼の持つ神通力は健在であり、その力を今度は人々を救う方に使うという事なのでしょうね。

鬼の前に立つと、手にした宝剣とたいまつによって身体を撫でてくれます。あらかじめ治して欲しいところをお願いしておくと病んだ部分も撫でてくれ、その力で癒してくれるという行事なのですね。いかめしい中にもどこか優しさを秘めた鬼を見ていると、いかにも験がありそうな気がしましたよ。

料金というものは無く、お心持ちと記した受け皿があって、御加持を受ける人が適当と思う金額を入れる仕組みになっています。見ているとだいたいお賽銭程度、10円から100円の人が多かったですね。

Rozanji08020510

順序が逆になりましたが、鬼踊りが終わった後には蓬莱豆と福餅が撒かれます。

蓬莱豆は豆の周囲を砂糖菓子で刳るんで色を付けたもので、紅白二種類あり、それぞれを一粒づつ食べると寿命が延びるとされます。福餅は普通の餅なのですが、これを食べると開運出世が出来るとされています。

しかし、これってばらばらに撒かれると、どうにも取りにくいものですね。それにちゃんと均等に撒いてくれないもので、結局まともに取れたものはなく、豆は下に落ちたものを拾ったもの、餅は2つ取った人がわざわざわ譲って下さったものです。譲って頂いた方、どうもありがとうございました。

Rozanji0802051

この廬山寺のある場所は紫式部の屋敷があった場所と推定されており、その縁で本堂前の庭園を「源氏の庭」と名付け、式部にちなむ紫色の桔梗が多く植えられています。今年は源氏物語千年紀にあたり、「追儺式鬼法楽」の一環としてインド舞踊が奉納されていました。

正直、源氏物語とインド舞踊がどういう関係があるのかよく判らないのですが、お釈迦様の故郷であるインドの踊りは、仏様を喜ばすという法楽にはふさわしい奉納と言えるのでしょう。生で見るのは初めてですが、エキゾチックな衣装と共に、ステップを踏む度に響く鈴の音がとても印象的でした。

なお、廬山寺の境内はかなり狭く、午後2時30分頃にはほとんど埋まっており、鬼踊りが始まる午後3時には境内に入れない人が続出していた様です。今年は日曜日と重なった事もあったでしょうけれども、来年行ってみたいと思う人は、場所取りも兼ねてなるべく早くお出かけになる事をお勧めします。

また、鬼踊りについては、観覧料等は不要です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »