« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年9月

2007.09.02

京都・洛東 氷しるこ~二年坂・かさぎ屋~

Kasagiya0709023

8月始めのエントリーで紹介したかさぎ屋の「氷しるこ」を覚えていられるでしょうか。ちょっと謎めいたメニューで興味があったのですが、あれから一ヶ月が経ち、念願かなってようやく食べに行く事ができました。

Kasagiya0709021

さて、お店で注文して出てきたのは、一見してただのかき氷です。あれっと思ったのですが、食べてみるとこし餡が容器の底に入っていたのでした。つまり、氷しることはこし餡が入ったかき氷の事だったのですね。同じ様でも氷金時にはつぶ餡が入っており、要するにぜんざいとおしるこの違いです。あっさりとした上品な甘さで、とても美味しかったですよ。中から白玉が出てきたのも、ちっょとした驚きでした。

ところで、この餡が底に来る入れ方は関東風なのだそうですね。関西だと、あずきの類は上に乗っているのが普通なので、最初にどこか違和感を感じたのでした。

Kasagiya0709022

かさぎ屋さんの人気は大したもので、この日も満席でした。次から次へとお客さんが入って来るという盛況ぶりで、ここのかき氷の認知度は相当高い様です。

氷しるこは一杯650円、ちなみにお店のお勧めは抹茶の入った氷宇治しるこの方で、こちらは750円となっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »