« 京都・洛東 ちりめん山椒 ~あり本~ | トップページ | 夏の旅・尾道紀行 ~林芙美子・放浪記~ »

2007.08.10

夏の旅 

Onomiti0708101

川の様に見えて実は海。川向こうに見えて実は島。だまし絵の様な不思議な光景。

Onomiti0708102

海に落ち込む様に迫る山。その山腹を這い、ほとんど頂上にまで迫る町並。そして、今でも市民の足として生き続ける渡し船。

Onomiti0708103

ここはまた坂の町。その坂が縫う様に広がる家並みと数々の寺院群。


今年の旅の舞台は、この不思議な魅力で一杯の町、備後・尾道です。

この町を一括りに紹介するのは難しい。そこでいくつか角度を変えながら、尾道を浮き彫りにしてみたいと思います。

今日はまずはイントロダクションまで。明日は文学の町・尾道を紹介する予定です。

|

« 京都・洛東 ちりめん山椒 ~あり本~ | トップページ | 夏の旅・尾道紀行 ~林芙美子・放浪記~ »

尾道」カテゴリの記事

コメント

今晩は。はじめまして。
京都の街情報を検索していたら、このブログが見つかりました。
写真もすごく素敵で思わず2006年の日記を時間も忘れて全部読んでしまったくらいです。
旅日記これからも楽しみにしています。

投稿: ぇぃこ | 2007.08.11 19:35

あ、尾道と向島だ。こちらにご旅行だったのですね〜。暑かったでしょう?
一枚目の写真の島の方の空き地のような場所は『男たちの大和』の
オープンセットがあった場所です。
セット撤去後何もない状態のままとは知りませんでした。
尾道シリーズ、楽しみです^^。

投稿: ひちゃこ | 2007.08.11 20:55

ぇぃこさん、ようこそお越しくださいました。
初めての方からのコメントはやはり嬉しいものですね。

ここはご覧になられた様に京都の紹介を主体としたブログです。
週末ごとに京都のネタを仕入れては日々更新していますので、
いつでも遊びに来て下さい。
コメント、TBは大歓迎ですよ。

ここ暫くは尾道の旅行記が続きますが、
こちらもよろしければお付き合い下さい。


投稿: なおくん | 2007.08.11 21:20

ひちゃこさん、コメントありがとうございます。

さすがに地元・広島だけあって一目で見抜かれましたね。
尾道は3度目なのですが、
何度行っても新しい発見のある良い所です。

大和のセットの事は、旅行中何度となく耳にしました。
経済効果も凄く、何かと話題が絶えなかった様ですね。
無くなってしまたのが残念な気がします。

これからの旅行記には、
ひちゃこさんにとってはご存知の事ばかり出てくるでしょうけれども、
ここ間違ってるよでも良いですから、
地元ならではのコメントを頂ければ幸いです。

投稿: なおくん | 2007.08.11 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/16069048

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅 :

« 京都・洛東 ちりめん山椒 ~あり本~ | トップページ | 夏の旅・尾道紀行 ~林芙美子・放浪記~ »