« 京都・洛中 祇園祭宵々山2007 | トップページ | 京都・洛東 ちりめん山椒 ~あり本~ »

2007.07.27

京都・洛東 尺八根本道場~明暗寺~

Meianji0707271

東福寺の参道を歩いていると、明暗寺という表札を掲げた寺があります。そして同じ表札には尺八根本道場と書かれており、ここが尺八の総本山である事が判ります。

Meianji0707272

いま尺八と言えば楽器の一種なのですが、元来は宗教上の法器でした。お経を詠む代わりに尺八を吹くという宗派・普化宗が存在したのですね。門内に入ると吹禅と書かれた大きな石碑があります。普化宗は禅宗の一派とされ、座禅の姿勢で尺八を吹き、悟りの境地に入る事を吹禅と呼ぶのだそうです。

Meianji0707273

ところがよく調べてみると、この寺は善慧院という東福寺の塔頭であり、明暗寺という寺はおろか、普化宗という宗派そのものの存在があやふやなのです。

普化宗は江戸時代に全盛期を迎え、虚無僧という集団を抱えて江戸幕府に接近し、隠密として全国に散って幕府を陰から支えたと言われます。このため、明治政府になってからはその存在を疎まれ、やがて解散へと追い込まれたのでした。

その後、音楽としての尺八は綿々と伝えられ、やがて明暗寺教会が設立されます。戦後に至り、明暗寺教会は晴れて宗教法人として認められたのですが、宗派と呼べるほどの規模はなく、善慧院を間借りして本部としているという図式の様ですね。

Meianji0707275

かつて京都に存在した明暗寺は普化宗の総本山の一つであり、善慧院から出た覚心上人の弟子・明普が開いたと言われます。その縁から、善慧院は明暗寺教会の本部をここに置く事を許している様です。表の表札だけを見れば、母屋の善慧院よりも間借り人である明暗寺の方がずっと目立っているのですけどね。

今はあまり虚無僧の姿を見かける事はありませんが、時代劇の中で見るスタイルは、たいてい明暗と書いた箱を抱えています。いかがわしい虚無僧が横行した中で、自分は由緒ある明暗寺の系譜の中に居る者だという事を示すためなのでしょうね。

時代劇の中でしか知らない虚無僧が、ここにはまだちゃんと生きています。それ確かめるだけでも、ここを訪れる値打ちがある様に思えます。

|

« 京都・洛中 祇園祭宵々山2007 | トップページ | 京都・洛東 ちりめん山椒 ~あり本~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

東福寺の搭頭もたくさんあるので見ごたえありそうですね。

拝観できるところは多いのかな?
ちょっと調べてみよう~っと(^◇^)

投稿: Milk | 2007.07.28 21:00

Milkさん、コメントありがとうございます。

東福寺の塔頭にも見所は沢山ありますね。

実は私も全てを把握している訳では無いのですが、
これまで掲載した以外では、光明院がお勧めの一つです。
ここはまだ記事にはしていないのですが、
やはり重森三玲氏作の庭があります。
他では見る事が出来ない、とてもダイナミックな庭ですよ。

場所は本寺の南にあたり、鳥羽街道駅から歩く方が近いです。

投稿: なおくん | 2007.07.28 22:55

明暗寺の紹介ありがとうございます。
明暗教会の会員は、今250人ほど、毎年
明暗寺で献奏大会が行われ、全国から100人
ほどの虚無僧尺八愛好家が集まります。
 
「虚無僧一路」でH.Pとブログを開いています。
検索してみてください。

投稿: 虚無僧一路 | 2007.09.21 07:36

虚無僧一路さん、コメントありがとうございます。

まさか本物の虚無僧さんに来て頂けるとは思いませんでした。
生囓りの知識で書いた記事ですが、おかしな所は無いでしょうか。

ブログを拝見しましたが、思っていた以上に大変な世界の様ですね。
音楽としての尺八は素晴らしいと思うのですが、
その本質である修行という部分にはなかなか思いが至りません。

およそ普段は知り得ない世界を垣間見ただけでも、
虚無僧一路さんのサイトに寄せて頂いた甲斐がありました。
これからの更新を楽しみに待つ事といたします。

投稿: なおくん | 2007.09.21 21:11

回答ありがとうございます。どうでもいいことですが、
法灯国師覚心は高野山の出で、紀州由良の興国寺の開山です。
京都明暗寺は、江戸時代は妙法院の裏山にあり、東福寺とは
全く関係ありませんでした。

幕府の隠密だったという事実もなく、むしろ、幕末には、長州藩士を
匿った咎で看主は捕らえられ死罪となっています。
むしろ勤皇方だったのですが、それでも明治政府普化宗を廃宗と
します。そこで、明暗寺最後の看主は、寺の本尊(虚竹禅師の像)
や什物を、懇意にしていた善慧院に預けて出奔してしまいます。
その後明治23年、東福寺が焼け、その復興費用を勧進する名目で、
善慧院に尺八愛好家が「明暗教会」を発足させます。
それが「普化正宗」として法人登記されるのは、戦後のことです。
たしかにおっしゃるとおり、善慧院のご住職は臨済宗の僧侶であって、
虚無僧ではありません。虚無僧も常駐していません。
ただし、「明暗教会会員証」を発行していただいて私のような在家者が、
勝ってに虚無僧をしています。寺に住まず、教義も規則も何もないのが
虚無僧です。

投稿: 虚無僧一路 | 2007.09.23 04:33

虚無僧一路さん、重ねてのコメントありがとうございます。

この記事を書くに当たって一通り調べたつもりだったのですが、
全然至らなかった様ですね。
特に隠密という事実はなかったというのは驚きの一言です。

虚無僧についてはまだまだ知らない事ばかりの様です。
貴重な情報を寄せていただき、ありがとうございました。

投稿: なおくん | 2007.09.23 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/15857514

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 尺八根本道場~明暗寺~:

« 京都・洛中 祇園祭宵々山2007 | トップページ | 京都・洛東 ちりめん山椒 ~あり本~ »