« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.05

京都・洛東 本因坊の寺 ~寂光寺~

Jyakkouji0611051

仁王門通は琵琶湖疎水縁の道。動物園や美術館が建ち並ぶ文化ゾーンに沿い、緑と水が調和した素敵な道です。その通りを西に向かって東大路通を越えると、今度は幾つもの寺院が建ち並ぶ界隈に変わります。あたかも東の寺町と言えるくらいの密集度ですが、これにはちゃんと理由がありました。

話は江戸時代の中期に遡ります。1708年(宝永5年)3月8日、京都は宝永の大火と呼ばれる大火事に見舞われます。およそ当時の街の北半分を焼き尽くした火事は、京都御所をも焼き払いました。当時、御所の周辺には公家屋敷が建ち並んでいたのですが、御所の再建をするにあたって幕府は、公家屋敷と御所の間の通りを拡幅し、防火の役に立たせる事を考えました。そして、その道幅分だけ御所の区域を拡大するため、周辺にあった寺院や町屋を立ち退かせ、代わりの地として鴨東の地を与えたのです。その時、寺町にあった寺院群が集団で移転してきたのが、現在の仁王門通の界隈だったという訳です。

この御所の拡幅とそれに伴う町屋の移転はその後も行われ、元の町にちなんだ新高倉通、新富小路通などの通り名が今もこの界隈に残されています。

Jyakkouji0611053

寂光寺もまた、寺町からこの地へ移転してきた寺の一つでした。創建は1578年(天正6年)の事で、日淵によって開かれた日蓮宗の寺です。始めは室町出水の地にあり、秀吉の命によって寺町二条に移転しました。

日淵の甥、日海は碁の名手として知られた人で、当時無敵の強さを誇り、20歳の時に織田信長から「まことの名人」と称され、信長の上洛の都度に出仕する様になります。本能寺の変の前夜も信長の御前で対局しており、滅多に出来ないとされる三劫が生じ、不吉を予感したと伝えられます。信長の死後は秀吉に仕え、囲碁の法度を任せるという朱印状を受けました。1598年(慶長3年)に日海は日淵から寂光寺を譲り受け、塔頭の本因坊を得ます。そして、江戸幕府の成立後、家康の招きに応じて江戸に移り、これ以後本因坊算砂と名乗る様になりました。算砂は名人碁所となり、以後本因坊家が囲碁の家元として続いていく事になります。

Jyakkouji0611052_1

今も囲碁のタイトル戦の名称として残る本因坊とは、この寺の塔頭の名称だったのですね。残念ながら本因坊という塔頭は現存していませんが、境内には「第一世本因坊報恩塔」という石碑があり、この寺が囲碁興隆と深い因縁を持つ事を伝えています。また、墓地には一世算砂、二世算悦、三世道悦の三人の家元の墓があり、囲碁に興味のある人は、一度は訪れておきたい寺ではないでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.02

京都・洛東 狛ねずみが居る境内 ~大豊神社~

Ootoyo06102816

大豊神社はこじんまりとした神社で、どこにでもある氏神様と変わらない雰囲気のお社です。しかし、その歴史は古く、開創は平安時代にまで遡り、皇室の勅願社として崇拝されていたという由緒正しき神社なのですね。そして、現在の何倍もの境内を持つ大社だったのですが、度重なる災害によりかつての偉容は失われ、いつしか今の規模にまで縮小してしまったのです。

でも、東山の片隅で忘れられた様だったこの神社にも、最近は多くの人が足を運ぶ様になりました。そのお目当てはこの狛ねずみにあります。

Ootoyo06102813

大国社の社前にあってお社を守る狛ねずみは、大国主が草原で火に囲まれた時、その難儀をどこからともなく現れた鼠が救ってくれたという神話に基づくものです。

2体の狛ねずみのうち、向かって右にあるねずみ(上の写真)が持っている巻物が知恵を表し、左にあるねずみ(下の写真)が持っている球状のものが酒の入った珠で長寿を表すとされます。

Ootoyo06102811

こちらは、日吉社を守る狛猿です。一見して日吉大社の神猿と似ていますが、御幣の代わりに鈴と扇を持ち、烏帽子を被っていないなどの違いがあります。やはり、この神社独自の狛猿と言った方が良いのでしょうね。

Ootoyo06102812

こちらは、愛宕社を守る狛鳶。愛宕神社の神の使いがこの鳶である事を示している様ですね。

Ootoyo06102817

そして、お稲荷様もちゃんとあります。これだけバラエティに富んだ狛犬のレパートリーがある神社は、他にはあまり無いでしょうね。かつてここが大社だった頃の名残なのか、遊び心のある宮司さんが居たということなのか、ユニークな空間である事は確かです。

大豊神社もネットやガイドブックで紹介されてすっかり有名になったらしく、この日もひっきりなしに人が訪れていました。それでも静かな雰囲気が壊れる程でもなく、秋の風情をたっぷりと味わえた素敵な場所でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »