« 京都・洛南 深草少将邸跡 ~欣浄寺~ | トップページ | ねねの寺 高台寺 ~功名が辻~ »

2006.09.23

織田信長公本廟 阿弥陀寺 ~巧妙が辻~

Amidadera0609231

織田信長が明智光秀に襲われて命を落としたのは本能寺での事でした。その信長の墓所として伝わるのは、本能寺総見院などいくつかあり、この阿弥陀寺(あみだじ)もその中の一つです。

阿弥陀寺は天文年間(1532~1554)清玉(せいぎょく)上人によって開創された浄土宗の寺院です。当初は今の地ではなく、西の京蓮台野芝薬師寺西町(現在の今出川大宮東)にあり、八町四方の境内と11の塔頭を構える大寺でした。そして、1587年(天正15年)に豊臣秀吉の命によって現在の地(寺町今出川上がる)に移転し、現在に至っています。

Amidadera0609236

この清玉上人が織田家と親交があった事が縁で、本能寺の変の折りには上人とその弟子達が本能寺に駆けつけ、焼け跡から信長とその家臣達の遺骸を運び出し、当寺に埋葬したと伝えられています。上の写真が信長とその嫡男である信忠のものと伝えられる墓で、一緒に戦って死んだ家臣達もまたここに葬られていると言われます。これが事実だとすると、清玉上人は、二条御所にも回って信忠の遺骸をも運び出した事になりますね。

Amidadera0609237

そして、この3基の墓石は、信長に殉じた森坊丸、力丸、欄丸の3兄弟の墓です。彼等は信長の小姓であり、特に欄丸は寵愛を受けていた事で知られていますよね。本能寺の変でも信長の側にあり、本能寺に火を放ったのは彼だったとされます。信長に愛された彼等3兄弟は、その死後も信長の側にあって小姓として仕え続けているという訳ですね。

阿弥陀寺には、このほか信長親子の木像が安置されているとの事ですが、普段は公開されていないようです。

Amidadera0609232

阿弥陀寺の境内では、一群の萩が咲いていました。訪れたのは台風の余波があった日で、前日の雨と折からの強風によって散らされた花が、紫色の川を形作っていました。

阿弥陀寺は寺町通に連なる数多い寺院の一つで、気を付けていないと見過ごしてしまうような控えめな佇まいです。訪れる人も少なく、この日も墓参りと思われる人達が何人か居ただけで、とても静かな境内でした。信長とその一族について思索するには、とても良い環境だと言えそうです。

阿弥陀寺は寺町今出川の交差点から北へ歩いて10分ほど、門前にある「織田信長公本廟」の石碑が目印になります。

|

« 京都・洛南 深草少将邸跡 ~欣浄寺~ | トップページ | ねねの寺 高台寺 ~功名が辻~ »

功名が辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/12006329

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信長公本廟 阿弥陀寺 ~巧妙が辻~:

« 京都・洛南 深草少将邸跡 ~欣浄寺~ | トップページ | ねねの寺 高台寺 ~功名が辻~ »