« 坊ちゃんの世界 ~松山市三津浜~ | トップページ | 坊ちゃんの世界 ~ターナー島~ »

2006.08.13

豊臣秀次の菩提寺・慈船山 瑞泉寺 ~功名が辻~

Zuisenji0606173

1591年(天正19年)、豊臣秀次は叔父の秀吉から関白の位を譲り受け、豊臣政権の後継者としての地位を確立したかの様に見えました。しかし、その2年後に秀吉の実子秀頼が生まれると、秀次の立場は微妙なものへと変わります。そして1995年(文禄4年)7月15日、秀次は秀吉から謀反の疑いを掛けられ、高野山にて自害して果てるに至りました。

Sanjyoukawara0606171

世にも希な惨劇はここから始まります。秀吉は秀次の一族の抹殺を命じ、秀次の実子のみならず、正室、側室、さらには侍女に至るまで、縁のある人たち全てを処刑してしまったのでした。場所は京都・鴨川の三条河原、秀次の死から半月後、8月2日の出来事です。

刑場には土壇が築かれ、その上に秀次の首が西向きに据えられていました。この日刑場に連れてこられたのは、3人の若君と2人の姫君、そして正室、側室など34人の女性達でした。彼女たちは牛車に乗せられて市中を引き回された後、三条河原へと到着します。そして、変わり果てた秀次に対面した後、次々と惨殺されて行ったのでした。当日は大勢の見物客が訪れ、そのあまりの凄惨さに目を覆ったと伝えられます。彼女たちの死骸は身内の者に引き渡される事は無く、その場に掘られた大穴に次々と放り込まれました。そしてその上に四角推の大きな塚が築かれ、頂上には秀次の首を納めた石櫃が据えられたと言います。秀吉はこの塚を畜生塚と名付け、道行く人達への見せしめとしたのでした。

切腹を命じられた秀次には、殺生関白という汚名が着せられています。例えば、鉄砲の稽古と称して罪もない農民を撃ち殺した、不義の噂がある側室が妊娠するとその腹を割って胎児の顔を確かめた、殺生禁断の地である比叡山において鹿狩りを行った、夜な夜な町に繰り出しては「千人斬り」と称される辻斬りを行った、などの悪行が今に伝えられています。

その一方で、ルイス・フロイスが著した日本史には「(秀次は)若年ながら深く道理と分別をわきまえており、謙虚かつ思慮深かい人物であった。そして良識ある人物と会談することを好んだ。」とあり、殺生関白とは正反対の人物像が浮かび上がります。また、近江八幡を所領としていた頃には、城下の発展に功績があり、後の近江商人勃興の基礎を築いたとも言われています。

最近の研究では、殺生関白の逸話についてはどれも根拠に乏しく、秀吉側によって創作された可能性が高いのではないかとされています。どうやら、秀次もまた勝者によって貶められた敗者の一人と言うべきなのかも知れないですね。

Zuisenji0606176

畜生塚は、その後の鴨川の氾濫によって原型を失い、いつしか人々から忘れられた存在になっていました。1611年(慶長16年)、高瀬川を開削していた角倉了以は、工事がこの地に至ったのを機に畜生塚を訪れました。しかし、そのあまりに荒れ果てた様子に驚き、墓を整備すると共に、秀次一族の菩提を弔う寺を建てる事を思い立ちます。了以の弟は医師として秀次に仕えていたことがあり、その縁もあってか了以は秀次に同情的だった様ですね。

了意は浄土宗西山派の立空桂叔和尚を開山に迎え、寺号を秀次の戒名「瑞泉寺殿高巌一峰道意」から取って瑞泉寺と名付け、また高瀬川を行き交う船の様子から山号を「慈船山」としました。さらにその後も角倉家の寄進によって堂宇が整備されたのですが、1788年の天明の大火で焼け落ち、1805年(文化2年)頃に再建されて現在に至っています。なお、この本堂が建っている場所は、かつて畜生塚のあった跡地であると伝えられています。


Zuisenji0606171

今に残る秀次の墓は了意によって建立されたもので、中央の四角い石が秀次の首を納めたとされる石櫃です。また、秀次の墓を取り囲むようにして五輪の塔がありますが、これらは昭和17年に財団法人豊公会によって建立された側室たちの墓石です。彼女たちは、実に没後350年を経て、ようやく墓を得る事が出来たのですね。

瑞泉寺は三条木屋町という繁華街の中にありながら、あまりその存在を知られていない寺です。境内も狭く、大勢で押しかけるには向きません。しかし、その反面、とても町中にあるとは思えない静かな寺であり、秀次とその一族を襲った悲劇を偲ぶにはふさわしい雰囲気を持っています。京都の三条を訪れる事があったら、少し時間を潰して立ち寄られて見られてはいかがでしょうか。

|

« 坊ちゃんの世界 ~松山市三津浜~ | トップページ | 坊ちゃんの世界 ~ターナー島~ »

功名が辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/11417053

この記事へのトラックバック一覧です: 豊臣秀次の菩提寺・慈船山 瑞泉寺 ~功名が辻~:

» 豊臣秀次関連Blogリンク集 [豊臣秀次関連Blogリンク集]
豊臣秀次関連Blogリンク集 [続きを読む]

受信: 2006.09.10 22:17

« 坊ちゃんの世界 ~松山市三津浜~ | トップページ | 坊ちゃんの世界 ~ターナー島~ »