« 義経 12の2 | トップページ | 「義経」の記事の一部削除について »

2005.03.30

義経 12の3

義経 第12回 「驕る平家」その3

1179年(治承3年)7月29日に、42歳の若さでこの世を去った重盛。

平家物語に描かれた重盛の死は、ドラマとはかなり様子が違っています。熊野詣に出かけた重盛は、父清盛の悪行により平家一門に災いが及ぶ事を恐れ、その行いが改まる様に祈願しています。そしてそれが叶わないなら、自らの命と引き替えに、来世での苦しみを助けてくれるようにと願いました。程なく病に罹った重盛は、病は願いが叶った結果であるとして治療や祈祷を拒否し、清盛が遣わそうとした宋人の医師も、異国人を都に入れては国の恥だとして断ってしまいます。そして、出家した数日後にこの世を去ったのでした。

清盛に意見を言える唯一の存在であった重盛の死は、栄華を極めていた平家に暗い影を落とす事となります。

|

« 義経 12の2 | トップページ | 「義経」の記事の一部削除について »

義経・平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/3502224

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 12の3:

« 義経 12の2 | トップページ | 「義経」の記事の一部削除について »