« 京都を駆ける静~京阪~@義経 | トップページ | 義経 8 »

2005.02.25

京都・花灯路 お食事処あれこれ

徒然なるままに」のMilkさんも予定されている「京都・花灯路」。開幕まで後2週間に迫りましたね。うーん、楽しみ、楽しみ。そのMilkさんとのコメントのやりとりの中で出て来たのが、周辺のお食事処。お勧めの所はないかしらんとの事なのですが、コメントで返すには少々長くなりそうなので、新たな記事としてアップします。

正直言って、お勧め出来る店というのはそうないのです。なぜかというと、東山周辺の店は無闇と高いのですよね。家族で行って、気軽に楽しめる店となると数えるほどしか無い様な...。

そんな中で、私の知っている範囲で掲げてみます。

まず、円山公園。
ここで、最も有名な店は「いもぼう」の平野家。海老芋と棒鱈の炊き合わせなのですが、京都を代表する料理の一つです。こう聞くとなんだか今ひとつの様な気がしますが、食べてみると結構美味しいですよ。いもぼう御膳が2400円。ただ、娘さん好みではないかも知れませんね。

次に、まだ寒さは残っていますから、湯豆腐はどうでしょうか。平野家から西へ行ったところにある利久庵の湯豆腐はなかなか美味しいですよ。一人前1500円から。本にがりを使った豆腐だと1800円。この界隈では、割と安い部類に入ると思います。

昼間に行けるなら、石塀小路の「玉半」という手もあります。ここは高級料理旅館なのですが、12時から14時30分の間なら、「一汁三菜」が2500円で食べられます。ちなみに、昼の懐石料理は6000円。

玉半の近くの「ひさご」は親子丼が有名。ここは混んでいる事が多いですが、値段は850円と手頃です。

三年坂で有名なのが、湯豆腐の「奥丹」。ここの豆腐は自家製の手作り。田楽や精進揚げが付いて1人前3000円。

二年坂の「阿古屋茶屋」のお茶漬けバイキングも、流行っている事は流行っている様です。1200円。でも、いまいちだという人も居たなあ...。

三年坂を登り切ったところにある老舗小路にある「松葉」は、おそば屋さん。南座前にある店の支店ですね。にしん蕎麦が有名ですが、天ぷら蕎麦や丼ものもあったはず。この界隈では、値段と味のバランスを考えると、最も無難な店かも知れません。

わりとお勧めなのが、五条坂にある「ゆば泉」。湯葉ずくし「ゆば膳」は、ゆばご飯、湯葉の刺身、湯葉の佃煮など色々付いて1800円。こんな料理があるのかと、きっと驚きますよ。ただ、狭いのが難点なのですよね。もしかしたら、混んでいるかも知れません。営業は6時まで。

食事じゃなくておやつだったら、まず「文の助茶屋」。ここの甘酒は、酒粕ではなく米麹から造った本格的なものです。午後5時30分までですから、お早めに。

下河原にある鍵膳良房の「くずきり」もお勧めのひとつ。程よい甘さの蜜と歯触りの良いくずきりの組み合わせは絶妙ですよ。ここは午後6時まで。

二年坂の「かさぎ屋」は、以前に紹介したとおりぜんざいの美味しい店です。おやつにするなら、ここが一番のお勧めかな。

長楽寺の近くにある「紅葉庵」は、以前はあんみつの美味しかった店です。経営が長楽寺に移ったと聞いているのですが、店の雰囲気は変わっていないようですね。今は大納言付きの抹茶が出る様です。午後5時まで。

とりとめもなく、思いつくままに書いてみました。ここに上げたのは、主として花灯路の道筋にあるお店です。なるべくリーズナブルで、娘さんにも向きそうな店を選んだつもりですが、もう一つピンと来ないかも知れませんね。最初に書いたとおり、なにしろこの辺りは高いのですよね...。

他の人に聞くと、まだまだ私の知らない、安くて美味しい店があるかも知れません。ここに上げたのは、あくまで参考程度という事にして下さい。

|

« 京都を駆ける静~京阪~@義経 | トップページ | 義経 8 »

京都」カテゴリの記事

コメント

なおくん、早々のTBありがとうございます。

京都はどうしても敷居が高くてなかなかお店をのぞく勇気がでないのでいろいろとお店を教えていただき感謝・感謝です。一度に全部は周りきれないのでぼちぼちとおいしいもんを食べに行きたいと思います。
また、京都の情報を教えてくださいね
よろしくお願いします(*^_^*)

投稿: Milk | 2005.02.26 00:12

Milkさん、これは、という店があまりなくてごめんなさい。このあたりはどこも似た様な内容の店が多く、その割に値段が高いのですよね。大和の様な高級店で楽しむというのも一興なんですけど、そうそう気楽に入れる所じゃないですからね...。でも、もっと探せば良い店も見つかるかな、とも思います。そんな店を見つけたら、また情報をアップしますね。

投稿: なおくん | 2005.02.26 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/3077810

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・花灯路 お食事処あれこれ:

» 京都のお茶漬け [龍の目]
お茶漬けといえば北島三郎という単純な発想をお許し頂きたい。 「京都」「お茶漬け」というキーワードから、 きっと多くの方が連想するものは、 「そろそろ帰... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 23:23

« 京都を駆ける静~京阪~@義経 | トップページ | 義経 8 »