« カブトムシの飼育法・幼虫応用編 | トップページ | 京都 大文字送り火 »

2004.08.13

木村幸比古「新選組全史」

以前白牡丹のつぶやきで紹介されていた木村幸比古さんの「新選組全史」を入手しました。内容的には、これまでの木村さんの著書の集大成という感じで、私的にはなかなか興味深くて得るところも多かったです。ただ、かなりマニアックな内容になっており、これから新選組の事を勉強しようという人には少し難しような気がします。これまで何冊も新選組関係の本を読んできた人が読むには、なかなか面白い本なのではないでしょうか。また、新選組の前半から池田屋事件あたりまでが中心で、江戸から函館に掛けての内容はやや薄いのですが、島田魁の「官軍海軍日記」が収録されており、それだけでも読んでみる価値はあると言えそうです。

|

« カブトムシの飼育法・幼虫応用編 | トップページ | 京都 大文字送り火 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、なおくんさん、白牡丹です。

白牡丹は木村幸比古さんの著作を扱う時には要注意だと思っています。ご自分が発見した史料には無批判で、他の史料の扱いにはかなり主観が入っているように見えるので……。

ところで『浪士文久報国記事』がすでに散逸していると先日の「その時歴史が動いた」の池田屋事件の時の製作者メモで知って、すごく落胆しています。バラす前に、まとめて処分できなかったんでしょうかね……。

投稿: 白牡丹 | 2004.08.13 23:54

白牡丹さん、コメントありがとうございます。この本は、ある程度自分で情報を取捨選択出来る人に向いていると思います。
それにしても「浪士文久報国記事」は、どうして散逸してしまったのでしょうね。詳しい事情はわかりませんが、残念でなりません。

投稿: なおくん | 2004.08.14 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/1188718

この記事へのトラックバック一覧です: 木村幸比古「新選組全史」:

« カブトムシの飼育法・幼虫応用編 | トップページ | 京都 大文字送り火 »