« 新選組 with ほぼ日TVガイド | トップページ | 池田屋騒動之址 »

2004.07.17

祇園祭 山鉾巡行

gionmaturi.jpg

祇園祭の本番、山鉾巡行に行ってきました。今日は土曜日とあって殺人的な混雑を覚悟していたのですが、まだ行列が四条通に居た9時20分頃、三条河原町では意外なほど人が少なく、交差点の東北角の最前列を確保する事が出来ました。先回りして待つ作戦が効を奏した様です。

そのまま待つ事45分、先頭の薙刀鉾の到着です。この頃には、沿道は人で溢れかえっていました。鉾の前に飛び出して写真を撮る人が続出し、お巡りさんが制止するのに忙しくなっています。わが家は最前列に居ましたから眺めは最高で、こんなにじっくり巡航を見たのは初めてです。釘を使わずに木を縄で縛って組み立てた鉾は、大勢の囃子方を乗せて動くにはさすがに華奢で、ギシギシと軋み、車体がゆらゆら揺れているのが判ります。それでも崩れないのはさすがに伝統の技なのですね。きっと乗っている人達は気味が悪いんじゃないかな。

ねこづらどきにしては大きな写真は鶏鉾。古代中国の堯の時代に世の中がよく治まって太平が続き、訴訟用の太鼓が使われなくなって苔が生え鶏が宿ったという故事に因んだ鉾だそうです。このように、鉾や山毎にちゃんと由来があるのですね。綱方が被る笠が赤いのが印象的でした。

やっぱり生で聞く祇園囃子は違います。このお囃子、鉾や山によって異なり、さらに鉾毎に何種類もの曲(約40曲とか)があるのですね。四条通を東に向かう時、辻回しの時、巡航が後半に入った時、鉾町に帰る時などシチュエーションによって使い分けがある様です。もっとも、私に聞き分けるだけの知識はないので、どれも同じように聞こえてしまうのですが。

今日は気温は高かったですが、風があってさほど暑さを感じることもなく、アーケードの下の日陰に居る限り快適な日でした。約2時間頑張って23基目の船鉾まで見てから引き上げました。いわゆる前の祭りを見た訳ですね。北観音山からの後の祭りは、またいつか機会があれば見たいと思います。

このレポートは、近日中にホームページに掲載する予定です。

|

« 新選組 with ほぼ日TVガイド | トップページ | 池田屋騒動之址 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/991687

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭 山鉾巡行:

» 祇園祭~山鉾巡行 [人妻キャサリンのお笑い日記]
今日は祇園祭の最終日 http://web.kyoto-inet.or.jp/o [続きを読む]

受信: 2004.07.17 20:40

« 新選組 with ほぼ日TVガイド | トップページ | 池田屋騒動之址 »