« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.30

新選組!4

新選組!、思った以上に引っ張りますね。まさか、まだ中山道に至らない
とは思ってもみなかった。大たき火は来週になりました。やっぱり、近藤が
男を上げる設定のようですね。

この新選組!の中で、このところ存在感を示しているのが粕谷新五郎です。
沖田と藤堂が心酔していますね。でも、正直言ってなんでこの人に焦点を
当てているのか、良く判かりません。粕谷は実在の人で、新選組立ち上げ
の時に京都に残留した中の一人です。しかし、その後間もなく姿を消し、水
戸天狗党に加わったとも伝えられています。資料に乏しく、これまであまり
注目された事がない人なのですが、このドラマではやたらと格好良いです
ね。私が知らないだけなのかな。

ドラマの設定上おかしいのは、粕谷は芹沢と同じ水戸藩士の出身で、ともに
尊王攘夷に奔走したはずなのですが、このドラマでは全くの初対面のように
なっています。シナリオ上、何か含みがあるのでしょうか。

沖田が感心した狭い屋内での抜刀については、上田馬之助のエピソードを
流用しているようですね。同名のプロレスラーが居ますが、ここで言う馬之助
は幕末の剣豪で、桃井春蔵道場の四天王の一人に数えられている人です。
料理屋で2人の天童藩士に因縁をつけられた馬之助は、相手にせず立ち去
ろうとしますが、階段を下りかけた時に頭上から斬りつけられます。やむなく
馬之助は、普通なら刀を抜けそうにない狭い階段の途中で振り向き様に抜刀
し、逆に相手を二人とも倒してしまいました。これが、当時大層な評判を呼び、
馬之助の名は江戸中に響き渡る事になります。

狭い室内での抜刀がいかに困難だったかを伺わせるエピソードで、沖田が
感心するのも無理はないという事なのでしょうね。ドラマの中で粕谷がどん
な位置づけになっていくのか、注目してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.24

新選組!3

大河ドラマ「新選組!」、なかなか京都へ着きませんね。次回、やっと
中山道へ旅立つようですが、ここで芹沢鴨の大たき火が出てくるよう
です。香取慎吾演ずる近藤勇は、このピンチをどう捌くのかな。小説だ
と、平身低頭して謝るが、機嫌を直して貰えず、後の暗殺へと繋がる
恨みを抱くという筋書きが多いのですが、このドラマではどうするのか
な。これまでの流れからすると、近藤が芹沢から1本取るような展開
になるような気がするのですが、どんなものでしょうか。

ここまでの演出上気になるのは、北辰一刀流の山南、藤堂、伊東が、
いずれも、なよなよした人物になっている事です。確かに、それぞれ才
子肌の人物だったようですが、幾ら何でもやり過ぎなのでは。ただ、わ
が家のゆこは、優しそうで良いじゃない、と言ってます。女性には受け
る設定なのかもしれませんね。

伊東甲子太郎は、ちょっと可哀想過ぎたような。「5両ではもったいない
、3両で良かった。」というのでは、人間が世故すぎる。まあ、伊東は近
藤の敵役ですから、対比を鮮明にしたいという演出なのでしょうけれど
もね。実際には、もっと出来た人物だったようです。

最後に、土方歳三。新選組を、鉄の組織としてまとめ上げていたのは
土方だった訳ですが、これまでのところ、近藤の友人という以外、際だ
った才能は見せていません。今の土方が副局長に収まるというのは、
少し無理があるように思えるのですが、このままで良いのかな。

色々気になる点はありますが、毎週家族で楽しみにしているドラマに
は、変わりありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.16

恋する京都 6

恋する京都、遂に最終回を迎えてしまいましたね。

このドラマ、最初は京都の名所や風習が出てくるのを楽しみにしていたのですが、い
つの間にか、ドラマの世界そのものにはまり込んでいました。常に相手の気持ちを思
いやるドラマの設定が、京都の町にぴったり合っていたのですね。なにより、鶴田真
由演じる志乃の持つ雰囲気が、古風という程でもないのに、それでいて古都にふさわ
しい、やさしい世界を作っていました。好演と言って良いと思います。また、村上淳の
演ずる圭吾も、最初はどこか違和感を感じたのですが、シリーズを通して好感の持て
るキャラクターを演じてくれました。

最終回の視聴率は、関東6.5%、関西7.2%でした。前回より、関東で0.5ポイント、
関西で1.3ポイントの減です。まさか下がるとは思ってなかった。展開が有る程度見
えちゃったせいでしょうか。それとも、関西の人は、花灯籠に出かけていて見てなかっ
たとか。でもこのドラマ、視聴率以上のものがあったと思います。

最後に晶ちゃん、おばけの行事で扮した白雪姫と七人のこびとは、とても可愛かった
です。でも、その前におじいさんに向かって、私はここに残るよ、と言っていた晶ちゃん
のやさしさが何とも言えず良かったな。村崎真彩ちゃん、大成して欲しいですね。

今の心境は、寂しい、の一言です。5回はやっぱり短いですね。せめて、1クールは見
たかった。

是非、続編を作って欲しいです。今度は、春から夏にかけて、桜、葵祭、祇園祭を入れ
てね。NHKの掲示板に書き込みをして、お願いしてこなくっちゃ。

http://www.bbweb-arena.com/users/mnaokun/京都の散歩道.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

京都の散歩道 石塀小路

isibeikoji.jpg

今日、紹介するのは、石塀小路です。

石塀小路の位置


石塀小路については、ホームページでも紹介しています。
http://www.bbweb-arena.com/users/mnaokun/京都の散歩道_010.htm

石塀小路は、高台寺と下河原を繋ぐ石畳の小径で、料亭や旅館がある静かな
界隈です。磨き抜かれた板塀や、石畳の道の両側に組まれた石垣など、独特
の雰囲気を持っています。かつて、映画が華やかだったころは、高名な監督や
俳優が世間の喧噪を逃れるために、このあたりの旅館を宿としていたそうです。

長い間、ここがどうやって出来たのか疑問だったのですが、ネット上の情報によ
り、やっとその成立について知る事が出来ました。ここに、その概略を紹介しま
す。

この界隈は、大正時代に成立しています。明治期に製茶販売で財をなした上村
常次郎という人がいたのですが、この人によって石塀小路は形作られました。恒
治郎は、高台寺等から土地を購入して、宅地を開発します。そして、借家を建て、
貸家団地として経営する事を考え付きます。それもただの貸家でなく、席貸を併
用した高級住宅としました。家には高塀を築き、玄関脇には前庭を置きます。宅
地を結ぶ道は石畳とし、道沿いには石垣を組み、高級感を演出します。貸家は2
階建てで、1階が住宅、2階を貸席としていたようです。

石塀小路は、あの道の配置も含めて、最初から計画されて出来た界隈だったの
ですね。上村常次郎のセンスの良さには感服します。変遷を経た今でも当初の
コンセプトは継承され、京都でも最も味わい深い界隈の一つとして親しまれてい
るのですから。

石塀小路は高級な店ばかりと思われがちですが、田舎亭なら8500円から宿泊
が可能です。ここは、朝の連続ドラマ「オードリー」や「京都迷宮地図」の舞台に
もなった所です。ただし、予約を取るのが大変なようですね。

参考ページ
http://www3.zero.ad.jp/tabi-tabi/monzen/sannnen.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.10

京都の散歩道 沢井写真館のある辺り

sawaisysinkan.jpg

今日紹介するのは、恋する京都で志乃の住む家、沢井写真館の界隈です。

沢井写真館の位置


さて、沢井写真館ですが、これはドラマの上の架空の店です。でも、古い写真館の
雰囲気が良く出ていますね。あの家で特に懐かしいと思ったのは、箪笥階段です。
階段の下が引き出しになっているでしょう。私の家には無かったのですが、友達の
家にはありました。子供の頃、初めてその子の家に遊びに行ったときに見つけて、
すごいなと思ったのを覚えています。収納の知恵ですね。

写真館の周辺は、観光地ではなく、民家や商店が連なる下町です。八坂通を挟ん
で向かい側は、明治の遅い時期まで水田だったようです。今は、古い民家が建ち
並ぶ静かな住宅街になっています。明治の頃の新興住宅地だった訳ですね。ここ
のちょっとした名所が、中谷豆腐。手作りの美味しい豆腐だそうですが、面白いの
は看板です。ご主人と奥さんの等身大の写真のパネルなんですが、異様に頭が大
きく、シュールな姿をしています。初めて見たときは、ぎょっとしました。番組に出て
くるかと思ったのですが、映らないですね。

坂を上った八坂の塔の周辺は、江戸期には花街だったそうです。盆になると、遊女
が八坂の塔を囲んで踊り、それが名物になっていたようですね。最盛期には、40軒
以上のお茶屋があったそうです。八坂の塔から二年坂へかけての道は風情のある
町並みになっていますが、そういう歴史があっての事なのですね。祇園の隆盛ととも
に次第に衰えていったようですが、今でも現役のお茶屋さんがわずかに残っているよ
うです。

何年か前、この八坂の塔に隣接してマンションを建てるという話がありました。さす
がに猛反対が巻起こり、最後は計画が変更されて決着が付きましたが、八坂の塔
とマンションが並立した姿というのは見たくないですね。計画が変更になって本当に
良かったです。いつまでも、あの景観は守って欲しいですね。

この界隈で、意外と知られていないのが木曽義仲の首塚です。義仲は、大津の粟
津で討たれ、膳所の義仲寺に墓があるのですが、首は京都に送られて晒されたの
ですね。そして、この界隈に埋められたのだそうです。何年か前までは、維新の道
沿いの旅館の前に石碑があったのですが、その旅館が廃業し、世話をする人が居
なくなったので、今は八坂の塔の境内に移されています。悲運に終わった武将の霊
を、八坂の塔の御仏達が慰めているのですね。

八坂の塔の紹介ページ
http://www.bbweb-arena.com/users/mnaokun/京都の散歩道_014.htm

最後に、志乃さん役の鶴田真由さんのホームページを見つけました。その中のdiary
に恋する京都の収録の様子を書かれています。撮影は寒くて大変だったようですね。
色々な裏話もあって、なかなか興味深いですよ。

http://tsurutamayu.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.08

新選組!2

大河ドラマ「新選組!」、どうやら調子が出て来たようですね。最初は遠慮
がちな感じだったのですが、このところ三谷色がはっきりとして来ました。

史実とは随分と異なる展開とは思うのですが、よく考えてみると試衛館当
時の事はあまり書かれたものはなく、どう描こうと作者の自由と言えば言え
るのですね。押さえるべきところは押さえてある様ですし、一緒に見ている
息子に、これがそのまま史実ではないよ言い聞かせつつ、楽しんで見てい
こうと思っています。

昨日の展開で面白かったのは、道場での稽古の仕方です。沖田は天然理
心流、永倉は神道無念流、山南は北辰一刀流ですが、構えがみんな違う
のですね。教える方はそれぞれの流派の皆伝者であり、正しい事を教えて
いる訳ですが、教わる方は三者三様に教えられる訳ですからですから、誰
に従えば良いか判らない。これって、私もぼんやりと思っていた事でした。
様々な流派の寄り合い所帯の道場が稽古を付けると、どうなるのだろうか
なって。この状態は、さらに新選組にまで引き継がれますよね。私がぼんや
りや思っていた疑問を、三谷流にコミカルに描き出してくれたという訳です。

もう一つ興味深かったのが、ふわふわ玉子です。具を入れないかき玉子の
ようなものなのでしょうか。料理そのものは素朴な調理のようですが、名前
が現代的で、ちょっと面白く感じました。

さて、次回はいよいよ浪士組ですね。段々と新選組の姿が見えてきます。こ
こから先は、試衛館時代と違って、資料に基づいた様々な作品に描かれてき
た舞台です。これを三谷幸喜がどう料理していくのか、興味津々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

F1 2004シーズン開幕

待望のF1シーズンが開幕しました。

注目のオーストラリアグランプリの1日目の結果は、次のところに
あります。

http://www.ksky.ne.jp/~tahara/f1/dataland/2004/01/002free2.html

フェラーリの1・2で始まりましたね。B・A・Rのバトンが4位に付け、
注目の佐藤は12位で始まりました。9位に付けているウェバーは、
非力と思われる車でここに居るというのは、さすがと言うべきでしょ
うか。ホームレースだけに張り切ってもいるのでしょうね。驚いた事
に、14位のゾンタまでがコースレコードを更新しています。ルール
改正の影響などどこ吹く風ですね。まだ1日目ですから何とも言え
ませんが、マクラーレンの元気がないのが気になるところです。

2日目の注目は、ウイリアムズとルノーがフェラーリにどこまで肉薄
出来るかと言う事と、佐藤がどこまで順位を上げられるかという事で
すね。あと、新しい予選方式で、展開がどう変わるかにも興味があ
ります。

一足先に開幕したIRLでは、高木虎之介が4位に入ってみせました。
佐藤も是非、これに続いて入賞を目指して頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

京都の散歩道 将軍塚

yakei.jpg

今日紹介するのは、将軍塚です。

将軍塚の位置


将軍塚は、清水寺の背後の山で、清水からも、あるいは円山公園からも登る事
が出来ます。歩いても30分足らずで頂上へ着きますので、運動がてら登ってみ
るのも良いところです。また、三条通と五条バイパスを結ぶドライブウェイがあり、
車でも行く事が出来る便利な場所です。

将軍塚の名の起こりは平安建都にまでさかのぼり、桓武天皇が、都の鎮護を呪
術的に行うために坂上田村麻呂が弓を引いている像に甲冑を着せ、塚に埋めた
ことから始まります。頂上の駐車場から北に行ったところにある大日堂(青蓮院
の飛地境内)の敷地内に、地名の元となった将軍塚があります。この塚には、国
家の大事があると鳴動したという伝説が伝わっています。ただ、田村麻呂の本物
の墓は山科にあり、大日堂の将軍塚は、かつてこのあたりを支配した豪族八坂
氏の築いた古墳ではないかというのが通説になっているようです。

この将軍塚でのおすすめは、市営展望台からの夜景です。夏の休日の夜ともな
れば駐車場は自家用車で溢れ、観光バスが何台もやってくるというほどの盛況
ぶりです。上の写真では小さすぎて良く判りませんが、実際には宝石をちりばめ
たような見事な夜景を楽しむ事が出来ます。正面の光の筋が四条通、やや左手
にあるロウソクのような姿をしているのが京都タワーです。

先に紹介した大日堂には、有料ですが、立派な展望台がしつらえてあり、市内を
一望の下に納める事が出来ます。(入山料400円。)年に何回か行われる夜間拝
観時の景観は素晴らしいものがあり、市営展望台を上回る景色を楽しむ事が出来
ます。この特別拝観は、直近では3月末から4月にかけての週末に実施されるよ
うです。詳しくは、次のページを参照して下さい。
http://www.shorenin.com/yoru.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.02

恋する京都4

恋する京都の第3回放送の視聴率は、関東6.3%、関西8.8%だったそうです。
前回に比べて関東で0.5ポイントの減、関西で1.1ポイントの増でした。西高
東低の傾向は変わらない様ですね。

今回のストーリーは、50年前に一度会っただけの相手を想い続け、50年経っ
てから探し出そうという、かなり無理のある設定でした。しかし、京都というのは
昔からこういう純愛の舞台とされてきた所です。水上勉の「5番町夕霧楼」や川
端康成の「古都」がそうですね。こういう話を書きたくなるような町だという事なの
でしょうか。

今回一番良いなと思ったのは、圭吾が菊に最後に言った次のセリフです。

「けど、菊さんが現れんかった理由もじいちゃんは判ってたんやないやろか。先
生やからやらなあかんことがあって来られへんようになった、って……」

何の根拠も有りませんが、祖父と菊を思いやる気持ちから出た圭吾の一言で、
菊は50年間縛り続けられてきた後悔の念から解放される事が出来たのでした。
時として言葉は強い力を持つものですね。

地理的な設定は相変わらず強引で、三年坂を登って八坂の塔の前に出て来た
のには思わずのけぞりましたが、これからはこのドラマの中では時空が歪んで
いると思って見る事にします。

三年坂のページ
http://www.bbweb-arena.com/users/mnaokun/京都の散歩道_012.htm

八坂神社で、志乃と菊が飲んでいたのが力水で、志乃が言っていたようにこの
水を飲んで美御前社にお参りすると美人になると言われています。
以前にポストした「八坂神社の七不思議」で触れていますので、参照して下さい。
http://naokun.cocolog-nifty.com/nekozura/2004/02/post_18.html


同じ八坂神社のおけら参りも出て来ましたね。何度か行った事がありますが、す
さまじい混み方で、将棋倒しになりそうな恐い思いをした事もあります。また、火
縄をくるくる回すのも危ないですよね。もう二度と来ないと思うのですが、また行き
たくなるから不思議です。
あの「おけら」というのは何だろうと思っていたのですが、菊科の植物だったので
すね。薬草にもなるし、食べる事も出来るそうです。山野に自生しているそうなの
で、今度探してみようと思っています。
(ウェブ上で見つけたおけらのページです。)
http://www.hana300.com/okera0.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01

京都の散歩道 八坂の塔

yasakanotou.jpg

今日紹介するのは、八坂の塔です。

八坂の塔の位置


(八坂の塔の紹介ページ)
http://www.bbweb-arena.com/users/mnaokun/京都の散歩道_014.htm

八坂の塔は、常時内部を公開している京都でも唯一の塔です。恋する京都で、志乃
が塔の中からガラス越しに町を眺めているシーンが良く出て来ますが、あの二階まで
上る事が出来ます。塔の中は意外に狭く、一階には芯柱を取り囲んで金剛界の五仏
が納められています。

この塔での見所は、やはり芯柱で、檜の柱が塔の中心を貫いています。面白いのは、
この柱はいわゆる親柱ではなく、上層からぶら下がっているだけで塔を支えている訳
ではなさそうだ、という事です。最下層に三粒の仏舎利を納めてあるという礎石がある
のですが、この礎石からも浮いているらしく、塔の中心にあって振り子の重りのように
バランスを取る役目をしている様ですね。このあたり、専門家で詳しい方が居たら教え
て頂きたい所です。

この塔が公開されている訳は、解体修理の費用を集めるためだとずっと以前に聞いた
事があります。このまま放置しておくといつ倒れてしまってもおかしくない状況だ、とい
う事だったと思うのですが、今はどうなっているのでしょうか。解体修理を行ったという
話は聞いた事がないので、部分的な修理が施されて大丈夫になっているのかな。

もし、この塔を全面的に修理するとしたら、どんなふうに再建するのでしょうね。ずっと
以前に、八坂の塔の古い絵はがきを見た事があるのですが、まるで清水寺の三重の
塔のように鮮やかな彩色が施されていました。絵はがきとしての見映えを考えて色を
入れたのでしょうけれども、創建当初はまさにこの絵はがきのような姿だったのでしょ
うね。解体して復元するとなれば、極彩色の施された創建当初の姿に戻すか、風雪を
経た今の姿を残すか、大きな議論が巻き起こる事でしょう。

どちらが正しいという事は言えないと思いますが、私としては今の姿を留めて欲しいで
すね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »