« すきやき | トップページ | 湯葉 »

2004.01.18

すきやき2

zairyou.jpg

さて、家に帰って今度はすきやきを作ります。まずは材料。
長ねぎ、たまねぎ、きのこ、白菜、糸こんにゃく、豆腐。最後
に肉。このあたりはまず標準的なところでしょうか。

raado.jpg

ここから先はおとうさんの出番。まずはラードをまんべんなく
鍋に塗ります。ここまでは普通でしょう。

sukiyaki2.jpg

ここから多分わが家独自の手順になると思います。まずは野
菜を炒めることから始めます。普通は肉を焼く事から始めるの
かな。でもこうするとラードで炒めた野菜はとても美味しくなり
ます。

sukiyaki3.jpg

ここで、砂糖、酒、醤油で味付けをします。ポイントは必ず純米
酒を使う事。お酒をケチってはいけません。

sukiyaki4.jpg

味が調ったら初めて肉を入れます。うーん、美味しそう。

sukiyaki5.jpg

肉の赤味が消えたら食べ頃です。煮えすぎないうちにさ
あ食べましょう。

naoitadakimasu.jpg

溶き卵につけて、いただきまーす。

これがわが家流のすきやき。肉を焼いてないからすき焼
きじゃないという声も聞こえて来そうですね。長所は、肉
を丁度良い加減に加熱出来ることかな。

よければ、みなさんのところではどう調理するのか教えて
下さいな。

|

« すきやき | トップページ | 湯葉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なおくん、こんばんは。

まず、わが家と違うのは材料、
豆腐は焼き豆腐を使用します。
タマネギは入れません。

調理方法は、
肉は、ラードを入れた後、少しだけ入れて焼き、
長ネギも焼きます。
香りがたったところで調味料。
醤油の焼けた香ばしい香りが食欲をそそります。
その後白菜などの野菜を入れ焼き豆腐もいれ、
最後にお肉、白滝は牛肉を硬くするので、
牛肉から出来るだけ放して入れます。

でも、こんな事をいっているのは最初だけ、
どんどん足しながら食べるので、
ごちゃ混ぜ状態になるのであります(^^;

この作り方だと、汁はどうしても少なめ、
新婚当初は夫から汁が少なすぎるとブーイング、
でも、結局今は作り手の私の味になれさせてしまいました。

投稿: TOKIKO | 2004.01.18 23:47

TOKIKOさん、こんばんは。なおくんです。
「ねこづらどき」にようこそおいで下さいました。他愛のない話しばかりですが、ゆっくり遊んで行って下さいませ。

TOKIKO流のすきやきにはタマネギは入れないのですか。どっちかと言うとそっちの方が多いかな。豆腐はですね、わが家も以前は焼き豆腐でした。ところが、一度手元に焼き豆腐がなくて普通の豆腐にしてみたんです。すると、意外に美味しかったんです。以来、わが家は絹こしを使うようになっています。

やっぱり肉は焼きますか。わが家の流儀は私の実家から受け継いだものだったんですけど、今では実家の方は最初に焼くようになっています。訳を聞くと、どっちでも良いんじゃないの、とか。理由になってない。

ところで、関東では割り下を使うのじゃなかったでしたっけ。ご主人が文句を言ったのもその辺にあるんじゃないでしょうか。TOKIKO流はどっちかというと関西流のような気がします。
浅草ではどうでしたか?

投稿: なおくん | 2004.01.19 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/112471

この記事へのトラックバック一覧です: すきやき2:

« すきやき | トップページ | 湯葉 »