2017.08.23

京都・洛北 百日紅2017 ~三宅八幡宮 8.19~

Miyakehatimangu1708231

上高野にあって、子供の守り神として信仰されているのが三宅八幡宮です。社伝によると、この地に住んだ小野妹子が筑紫国の宇佐八幡宮を勧請した事に始まるのだとか。かなり古い歴史を持った神社なのですね。

Miyakehatimangu1708232

この神社にお宮参りすると授与されるのがこの神鳩です。子供が無事に成長するとお返しに来るという慣わしがあるそうですね。2500円と少し高いのですが、境内のそこかしこに置かれており、御利益がある事は確かな様です。

Miyakehatimangu1708233

この三桶八幡宮に隣接して公園が有り、その池の畔で百日紅が咲いています。池の中には噴水があり、今の時期涼しげで良い感じですよ。

Miyakehatimangu1708235

ただ、この日は噴水の高さが以前よりも低く、百日紅の木とのバランスが悪かったのが残念でした。もしかしたら節水しているのかしらん。

この池の畔には半夏生もあって、6月頃には綺麗な花を咲かせているようです。この日は完全に花は終わっていましたけどね。来年は半夏生を見るために、ここを訪れようかと思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.22

京都・洛北 百日紅2017 ~圓光寺 8.19~

Enkouji1708221

黒谷から圓光寺へとやってきました。ここでも暑さは変わらなかったのですが、蹲にしつらえられた木槿とススキの葉のしつらえが涼しげで、気分的にはほっとします。

Enkouji1708222

こちらは強い夏の日差しに晒された奔龍庭です。残暑厳しい感じが伝わって来るかな。

Enkouji1708223

ここにに来たのはやはり百日紅が目的で、十牛之庭の入り口にあります。でも、花そのものは外から見た方が綺麗ですね。

Enkouji1708225

ここの百日紅は樹齢何年か判らないけれど、とにかく巨木ですね。これほど見事な百日紅は珍しく、たぶん100年以上は経っているんじゃないかしらん。あるいはもっとかな。それほどの古木でありながら、沢山の花を付けているのは大したものですね。この花だけを見に来る値打ちはあると思いますよ。水琴窟の音を聞きながら花を愛でるのも乙なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.21

京都・洛東 百日紅2017 ~黒谷 8.19~

Kurodani1708221

真如堂から隣の黒谷へとやって来ました。あまりの暑さに日陰を選って歩いていたのですがそれほどなくて、ほとんど直射日光に晒されての散策になてしまい、かなり閉口しました。

Kurodani1708222

真如堂から黒谷へと入っていった場合、最初に目につく百日紅は龍光院(あるいは見真院?)の白塀越しに見える白い花です。珍しいという程ではないにしろ、赤い花が多い中にあって白花は新鮮に感じますね。

Kurodani1708223

こちらは永運院の百日紅です。土塀の小径にあって、良い風情ですよ。電柱がちょっと邪魔ですけどね。

Kurodani1708225

これは常光院の塀越しに見えていた百日紅です。こうしてみると、黒谷には百日紅が結構多いですね。

Kurodani1708226

兜池ではまだ蓮が咲いていました。もう花期は終わりかなと思っていただけに、嬉しい誤算です。黒谷にはまだ夏が居座っているという印象だったかな。でもここでもススキの穂が芽生えていて、わずかに秋の気配も感じました。

次はずっと北に移動して、圓光寺を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.20

京都・洛東 百日紅2017 ~真如堂 8.19~

Sinnyodou17408201

知恩寺から真如堂へとやって来ました。お盆を過ぎても残暑は厳しく、まだ午前中だというのに汗はびっしょりです。境内でも真夏の蝉、クマゼミがまだ元気に鳴いていました。

Sinnyodou17408202

真如堂の百日紅は、まず参道を上がって右側、鎌倉地蔵の北側にあります。かなりの古木で枯死が心配されていたのですが、新しい枝が伸びて若木のようになり復活しています。この木の生命力というのは凄いものがありますね。

Sinnyodou17408203

一番見事な百日紅は、三重塔の南側、墓地との境にあります。この木は境内側からはあまり見えなくて、墓地の方に回り込むと、三重塔を背景にして綺麗に見えますね。

Sinnyodou17408205

この日は境内で地蔵盆が行われていました。本来は23日、24日に行うものですが、最近は直近の休日に行うところが増えている様です。写真は子供達がお地蔵様にお化粧を施しているところ。これって、京都独自の風習なのでしょうか。もっとも、京都の中でもこれをやらない町内もあります。

Sinnyodou17408206

まだまだ日差しも強く蝉も元気だったけれど、木々はすこしづつ色付き、ススキの穂は芽生え、萩のつぼみも小さく出ていました。季節は確実に移ろっていますね。ただ、もみじの色付き方が早すぎるのは気掛かりです。この木の葉は晩秋まで保たないんじゃないかしらん。絵になる木だけにちょっと心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.19

京都・洛東 百日紅2017 ~知恩寺 8.19~

Tionji1708191

お盆も過ぎた京都、今の時期見頃の花と言えば百日紅です。今週末はその百日紅を求めて市内を巡ってきました。

Tionji1708192

最初に訪れたのは知恩寺、百万遍の名で知られる浄土宗の大本山です。百日紅は山門を入って右側にあり、境内の中にあってよく目立ちますよ。

Tionji1708193

こちらは少し境内の奥に入ったところにある百日紅。夏空を背景にした赤い百日紅は良く映えますね。

Tionji1708195

少し残念なのは、本堂内が撮影禁止になっていた事です。春の特別拝観の時だけの一時的な措置かと思っていたのですが、恒久的になってしまった様です。以前は自由にどうぞだったのですが、何かトラブルでもあったのかしらん。また一つ、おおらかだった寺が減って仕舞いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.18

熟成肉ステーキバル Gottie'sBEEF 四条木屋町店

Gottiesbeef1708181

手軽なランチが食べられる店はないかと探して見つけたのがステーキ専門店のゴッテージビーフ。全国展開をしている店なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

この店の特徴は赤身肉をドライエイジングという手法で、40日間熟成させて使用しているというところにあります。それだけ時間が経てば腐ってしまいそうですが、そうならない様に上手に管理し、旨味だけを凝縮させているというのですね。

Gottiesbeef1708182

ランチメニューは全部で7種あり、我が家が選んだのはまず熟成肉サービスステーキ200g。赤身のせいかちょっと切りにくかったのですが、味は美味でした。わさびと岩塩を付けて食べるのが一番合っていましたね。これにライスが付いて税抜き1000円です。

Gottiesbeef1708183

こちらはサービスステーキ丼。薄切りにした赤身肉にソースを掛け、マスタードと卵の黄身を乗せたもので、まぜて食べるとほの辛い味わいがとても美味でした。こちらは限定10食で、税抜き980円です。

店は1階と地下一階に別れており、全部で60席あります。結構混んでいましたが、連休中日でも待たされる事はなく入る事が出来ました。ランチとしては分量も適当で、リーズナブルな価格を考えると気軽に入れる良い店ですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.17

京都・洛中 第42回京の夏の旅 文化財特別公開 ~旧三井家下鴨別邸~

Mituibettei1708181

今年の京の夏の旅、2カ所目は旧三井家下鴨別邸を訪れてきました。ここは普段から公開されていますが、通常は非公開の二階に上がれるという事なので、立ち寄ってみる事にしました。

Mituibettei1708182

旧三井家下鴨別邸は、この地にあった三井家の祖霊を祀る顕名霊社に詣でる時の休憩所として、大正13年に整備されたものです。

Mituibettei1708183

建物は玄関棟、主屋、茶室からなり、それぞれ大正期、明治期、江戸期の建物である事が判っています。この3つの時代にまたがる建造物が良好な状態で保存されていることから、平成23年に重要文化財に指定されました。

Mituibettei1708185

このうち、主屋は三井家第八代当主高福が、明治13年に三条木屋町上がるに建てた隠居所を移築したもので、当初は鴨川に面して建っていた事が知られています。三階に望楼を持った特徴的な建物で、当時は京都の市街地を一望に出来た事でしょうね。

Mituibettei1708186

これが今回の特別公開の目玉、二階からの景色です。高欄にまで出ると瓢箪型の池が見下ろせ、庭の全容が見て取れます。

Mituibettei1708187

こちらは玄関棟。大正期にこの別邸が整備された際に併設されました。今も拝観者用の入り口として使われており、座敷ではこの別邸の説明が行われています。

Mituibettei1708188

そして、慶応4年の祈祷札が見つかっている茶室です。今回の特別公開には含まれていませんが、普段から借りる事は出来る用ですね。

この別邸は戦後国に移管され、平成19年まで京都家庭裁判所の所長官舎として使用されてきました。でも、いくら建物が立派で、見事な庭が付属していたとしても、実際に住むとなると広すぎるし、設備は古いしで、色々と不便があったことでしょうね。私なら遠慮したいところです。今は文部科学省が所管し、管理は京都市が行っているようです。主屋もまた、茶室と同じように借りる事が出来る様ですよ。イベントを行うには良い所かも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.16

大文字送り火

Daimonji1708161

今日は大文字送り火です。お盆に迎えたお精霊さんを、あの世に送り帰すという行事ですね。私は残念ながら今年も見に行く事は出来なかったので、テレビの中継でご先祖の霊を見送らせて頂きました(写真は全て2015年8月16日に撮影したものです)。

Daimonji1708162

今年も行くつもりだったのは真如堂でした。境内をあちこち動けば、五山のうち舟形と妙を除いた四つまでが見られるという好ポイントです。

これは大の字に点火された直後の様子。濛々たる煙が上がっているのが判るでしょうか。少し経てば落ち着いて冒頭の写真の様になります。

Daimonji1708163

境内からでもなんとか見えるのが法の字です。でも、これは境内北口から出て、右手に上っていった丘の上からの方がよく見えますね。

Daimonji1708165

墓地に行けばぎりぎり見えるのが左大文字です。これも昼間行くと良く判るのですが、電柱や木に挟まれており、ベストポジションは限られていますね。

Daimonji1708166

そして、鐘楼からかろうじて見えるのが鳥居形です。とにかく小さいので、注意していないとそれと判らないかも知れません。

大文字が終われば京都の夏も峠を越えます。もっとも、今年の夏はあまり夏らしい日が少なかったですけどね。関東ではずっと雨だとか。きっとそれも気が滅入るだろうなあ。これからまだまだ残暑が続きますが、気まぐれな天気に体調を崩されぬよう、くれぐれもご自愛下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

京都・洛東 夏の灯ともし頃 ~二年坂から高台寺~

Ninenzaka1708151

二年坂は、来る度に新しい店が出来ていますね。それだけ入れ替わりが多いという事なのかな。

Ninenzaka1708152

この日は清水寺の通常拝観が5時で終了し、千日詣りが6時30分から始まるというスケジュールでした。なので、この時間帯は清水寺周辺に人が集中していたのでしょうね、二年坂界隈は比較的閑散としていました。

Koudaiji1708133

高台寺は夜間拝観の最中です(18日まで)。玄関には高提灯が灯され、上がり口には夢と書いた屏風が置かれていました。

Koudaiji1708135

また、同時に百鬼夜行展も開かれており、それに合わせて妖怪たちの提灯も飾られていました。

Koudaiji1708136

台所坂を下りてくると、ねねの道は丁度マジックアワーの最中でした。前を行く人の姿も薄ぼんやりとして見え、いい風情が漂っていましたよ。この時間帯のそぞろ歩きもなかなか良いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.14

京都・洛東 高台寺夕景2017 8.11

Koudaiji0708151

八坂通から高台寺駐車場へと移ってきました。狙いはわずかながら色付いた夕景を撮るためです。

Koudaiji0708152

この日の日没時間は午後6時50分、その少し前にやってきていたのですが、結局夕日は見られず仕舞いでした。

Koudaiji0708153

後の頼みの綱は、マジックアワーでどれだけ色付くかです。でも、思うようには行かなかったですね。

Koudaiji0708155

一番綺麗だったのがこのあたりでした。輝きだした京都タワーと夕空のコントラストが、わずかに救いでした。

Koudaiji0708156

雲の表情は面白かったですね。鳴き出したヒグラシの声を聞きながら、空を見上げているのは、なかなか風情がありましたよ。でもこの後のブルーモーメントまで待っても仕方が無いと思い、鴨川会場へと向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«京都・洛東 夏の灯ともし頃 ~八坂の塔~