2018.08.15

京都・洛中 京の七夕2018 ~二条城 8.11~

Nijoujou1808131

京の七夕、北野紙屋川エリアから堀川エリアへとやって来ました。もっとも、堀川会場は10日で終了しているので、入れるのは二条城だけとなります。

Nijoujou1808132

二条城でも様々な催しが行われますが、メインは二の丸御殿唐門や東大手門、そして二の丸庭園のライトアップとなります。小堀遠州が手がけたという名園は、昼間見ると迫力のある大名庭園ですが、夜に見ると繊細な日本庭園に見えるのが不思議です。

Nijoujou1808133

たぶん見える範囲が限られているからでしょうか。歩くことによって見える景色が、昼間以上に違って来るのも興味深いですね。

Nijoujou1808135

もう一つの注目イベントが二の丸御殿大広間をスクリーンとしたプロジェクションマッピングです。主題は妖怪の七夕。会期は今日までだったのですが、見逃した人のために動画を撮ってきましたので、どうぞご覧ください。

ざっと2分30秒ほどの作品ですが、とても凝った完成度の高い作品だと思います。間断なく放映されていたので、混み合う事も無くじっくりと見る事が出来ましたよ。

Nijoujou1808136

京の七夕もほとんどのイベントが終わりましたが、まだ下鴨神社糺の森の光の祭が残っています。糺の森の参道と境内がライトアップされ、球体が立ち並ぶという趣旨だそうです。9月2日まであるので、一度は行っておきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.14

京都・洛中 京の七夕2018 ~御土居ライトアップ 8.11~

Odoi1808141

北野天満宮のもう一つのイベントが、御土居のライトアップです。御土居とは豊臣秀吉が築いたもので、堤防と城壁の両方の機能を兼ねた施設です。京都をぐるりと取り囲み、一説には京都を城下町化しようとしたのだとか。この御土居によって洛中と洛外の区別が出来上がったのですが、その後町の発展と共に邪魔者扱いにされ、ほとんどが取り壊されてしまいました。しかし、今でもその名残が何カ所が残っており、北野天満宮の西側の紙屋川沿いにもその一つがあって、史跡に指定されています。

Odoi1808142

御土居沿いには沢山のもみじや梅が植えられており、梅や新緑の季節、それに紅葉時分には特別公開が行われています。京の七夕でも夜間にライトアップが行われ、自由に出入り出来る様になっています。他の季節と違って無料というのが嬉しいですね。

Odoi1808143

この日はどういう訳か御土居を歩く人が少なく、ちょっと怖いくらいの雰囲気でした。人が多すぎるというのも風情がないですが、少なすぎるというのも考え物ですね。

Odoi1808145

そんな中で、やはり絵になるのは鶯橋ですね。季節になると、この橋の付近で鶯が鳴く事から名付けられたそうですが、朱塗りの橋はライトアップされると一層景色に映えて見えます。この日は鶯ならぬフクロウの鳴く声が、遠くから絶え間なく聞こえていました。

Odoi1808146

御土居を歩いているうちににわか雨に遭ってしまい、あわてて雨宿りに走るというハプニングがありましたが、ライトアップされた境内は普段とは違った雰囲気に包まれており、夏の宵を楽しませてもらいました。北野紙屋川エリアの会期は8月16日までとなっていますので、まだ行かれていない方も間に合いますよ。閉門は21時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.13

京都・洛中 京の七夕2018 ~北野天満宮 8.11~

Kiyanotenmangu1808131

今年の京の七夕、2カ所目は北野、紙屋川エリアを訪れてきました。メインとなる会場は北野天満宮です。

Kiyanotenmangu1808132

その北野天満宮で行われているのが、御手洗川足つけ燈明神事です。元々、神社の境内には御手洗川が流れており、夏になると御手洗神祭として梶の葉に香水をかけて清める神事などが行われていました。しかしその後、川の水が涸れてしまい、神事も中断していたのですが、2016年に御手洗川が復元され、御手洗川足つけ燈明神事として復活したのでした。

Kiyanotenmangu1808133

参拝者は五色のロウソクの中から好きな色を選び、火を灯しながら御手洗川の中を歩いて渡って、穢れを川に流すという趣旨です。ロウソクは色によって祈願する内容が異なり、例えば黄色なら金運上昇という訳ですね。水はひやりとするほど冷たく、暑い夏の日にはぴったり来る神事です。

Kiyanotenmangu1808135

ロウソクは本殿前に設けられた奉納場所にまで持って行って献灯するするのですが、歩く距離が長く火を消さない様にするのは至難の業です。また上手く消さずにたどり着けたとしても、ロウソクは半ば以上まで燃えて短くなっており、今度は灯明台に刺すのに苦労するという事になってしまいます。このあたり改善の余地があると思うのですが、3年間変わっていないですね。それに、3年の間に川底に藻が生えて、滑りやすくなっているのも気になる点でした。

Kiyanotenmangu1808136

10日から12日の間は、本殿と拝殿を結ぶ石の間を通り抜ける事が出来るのですが、前回来た時に拝観しているので今回はパス。でも、荘厳な雰囲気は素晴らしいので、まだ体験した事が無い人にはお勧めです。

色々改善してほしいところはあるけれど、下鴨神社の御手洗祭の様に混み合う事は無いので、ゆったりと夏の宵の風情を楽しむ事が出来ますよ。ちなみに奉納料は300円、石の間の通り抜けは1000円(水みくじ付き)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.08.12

西郷どん 第三十回 「怪人 岩倉具視」

一橋派を朝廷と切り離すべく活動を始めた西郷。
しかし、肝心の孝明帝が慶喜を信頼しきっており、全く上手くいきません。
その最中、ヤモリとあだ名された岩倉具視の名を聞いた西郷。

岩倉村。
岩倉に金を届ける一蔵。
その金をひったくるようにして受け取り、
このままでは終わらないとつぶやく岩倉。

薩摩藩邸。
民草は天子様の子であり、身分の差は無い、
そう記した岩倉の手紙を読み、会わせて欲しいと一蔵に頼む西郷。
あれはただの物乞いだと一蔵。

岩倉はかつて和宮降嫁を実現させた凄腕でした。
しかし、その後政争に敗れ、都を追い出されたのでした。

岩倉隠棲地。
岩倉を訪ねてきた西郷と一蔵。
一歩足を踏み入れたとたんにくせ者避けの罠にかかってしまいます。
高笑いする岩倉。

岩倉に飯を振る舞われる西郷と一蔵。
毒が入れてあると言われ、思わず吹き出す西郷。

西郷の素性を詳しく知っていた岩倉。
侍の世は終わると岩倉。
斉彬も同じ事を言っていたと西郷。

幕府は要らないと思っているのかと西郷。
そんな話で来たのかと岩倉。
金を差し出す西郷。
それを受け取り、力になってやろうと岩倉。

夕方。
賭場を始めた岩倉。

岩倉に誘われ、賭けを始めた西郷。しかし、連戦連敗です。

賭場の客で連勝続きの男。
それは桂小五郎でした。

賭場の帰りに桂に追いついた西郷と一蔵。

長州と手を組みたいと思っていると西郷。
薩摩に恨みこそあれ、話す事などないと桂。


刀を抜き、一触即発の桂と一蔵。
間に入ってその場を納めた岩倉。

幕府に勝つための方法を教えてやる、その前に金をと岩倉。
自分は帰ると一蔵。
西郷には博打の負け分を返せと、御庭番を命ずる岩倉。

慶喜邸。
慶喜を江戸に戻すための使者。
その命令文を破いた慶喜。
自分が京に居るのは天子様のお望みだと慶喜。

ふきにサボンを贈ってやる慶喜。
どこか不満げなふき。

一人、岩倉の下で雑用をこなす西郷。
汚い納戸。そこに隠されていた立派な着物。

箱に隠されていた有力者たちへの手紙。
そこには倒幕もやむなし、
そのためには長州と薩摩の手を握らせる必要があると書かれていました。

すべては夢物語だと岩倉。
すべては天子様の御心次第と西郷。

自分は蟄居、息子たちも閑職の身、岩倉家は天子様に嫌われたのだと岩倉。
岩倉の考えはこの国に要りようだ、必ず天子様からの呼び出しがあると西郷。
自分は日の目を水に死ぬ運命、帰れと西郷を追い返した岩倉。

岩倉の夥しい手紙を前に考え込む西郷。
あの男は駄目だ、もう諦めろと一蔵。
あの着物は、いつ呼美戻されても良い様に手入れがしてあると西郷。

岩倉家。
西郷の負け分の金を持って岩倉を訪ね、もうこれっきりだと一蔵。
そこに大勢の二才たちを釣れて現れた西郷。
彼らは岩倉の手紙を読んで感激してやって来たのでした。
話を聞かせてくれと願う一同。
そこに書いてある事はみんな嘘、自分は天子様から忘れられた身だと岩倉。
そこに現れた岩倉の息子、周丸。彼は天子の勘気を解かれ、
天子様の近くに戻れたと告げます。
そして、天子様の言葉として、岩倉の事は決して忘れていないと伝えました。
感激のあまり叫びながら、
今ずく天子様にお会いしたいと御所に向かって拝跪する岩倉。
そしてすぐに立ち直り、麻呂の有り難い話を聞かせてやる、
その前に木戸銭だと岩倉。

このままでは終わらないと岩倉。

「今回は岩倉具視との出会いが描かれました。実際の出会い方がどうだったかは判りませんが、ドラマ仕立てとしては面白かったと思います。特に笑福亭鶴瓶の怪人ぶりが見事にはまっていますね。」

「岩倉具視の隠棲地には先日訪れてきましたが、岩倉実相院近くにありました。今は周辺は開けていますが、当時は周辺に何も無い片田舎だった事でしょう。また、現在はすっかり手を入れられて綺麗になっていますが、たぶんひどいあばら屋だったものと思われます。」

「岩倉は元々は幕府寄りの公家で、公武合体の象徴としての和宮降嫁に力を尽くした事で知られます。公家の中では辣腕家とされていましたが、尊王攘夷派が台頭して来ると政争に敗れて失脚し、都から追放されてしまいます。」

「蟄居後は、尊攘派からの襲撃に怯えながらも、かつての辣腕ぶりを知る薩摩藩などが接触を図り、その影響から幕府寄りから反幕的な立場へと変貌を遂げます。」

「ドラマでは屋敷で賭場を開帳していましたが、実際にもそうだったようですね。というより、下級公家の間では当たり前の事だったとか。岩倉と言えば喧嘩上手で知られますが、そうした賭場に出入りする様な階層との付き合いが岩倉をして公家らしくない人物像を形作ったのかも知れません。」

「慶喜が孝明帝の信認を厚く受けていたのは有名な話で、幕府の生命線でもありました。この二人の仲を裂くことなど容易な事ではないのは誰の目にも明らかでした。逆に言えば、反幕派にとっては、他ならぬ天皇その人が大きな壁となっていたのです。」

「桂と西郷、大久保のやりとりはす完全な創作です。お互い名は知っていたでしょうけど、実際に会った事はあるのかしらん。その辺は謎ですね。」

「次回はいよいよ龍馬が出てくる様ですね。主役ではないけれど、やはり龍馬が出てくるとなるとわくわくするなあ。ちゃんと活躍の場を与えてあげて欲しいものだと願うばかりです。」

(参考文献)
「西郷隆盛」 「西郷隆盛 維新150年目の真実」 家近良樹著 「西郷隆盛 手紙で読むその実像」 川道麟太郎著 「西郷隆盛53の謎」 原口泉著 「勝海舟と西郷隆盛」 松浦玲著


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.11

京都・洛東 蓮2018 ~智積院 8.5~

Tisyakuin1808081

東寺から市バスに乗って、智積院まで来ました。ここでのお目当ても蓮の花です。

Tisyakuin1808082

7月に訪れた時に、既につぼみが上がっていたので少し遅いかなと思っていたのですが、丁度見頃だったのは嬉しかったです。

Tisyakuin1808083

それに早朝の花はやはり美しいですね。早起きは三文の得といったところなのかな。

Tisyakuin1808085

智積院の蓮は、もうつぼみはあまり残っていなかったので、今年は終わりかもしれませんね。ぎりぎり間に合ったというところだったのでしょう。

Tisyakuin1808086

この日も朝の勤行があるのでしょう、沢山の僧侶の方と出会いましたが、例外なくおはようございますと挨拶をして頂きました。この寺ではいつもの事なのですが、やはり気持ちの良いものですね。綺麗な庭園と共に、ますます智積院が好きになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.08.10

京都・洛南 蓮2018 ~東寺 8.5~

Toji1808101

蓮を見たさにうんと早起きをし、始発に乗って東寺へとやって来ました。その甲斐あって、綺麗な花を見る事が出来ましたよ。

Toji1808102

蓮の花は4日で散ると言います。初日は朝早くに咲いてすぐに閉じてしまい、二日目は昼前まで咲き続けます。三日は閉じること無く一日中咲き続け、四日目には散ってしまいます。綺麗な花を見るには、早朝が一番良いという訳ですね。

Toji1808103

それに、蓮には香りがあるとは聞いていましたが、この日初めてそれらしい香りを感じる事が出来ました。香りを出すのは二日目の花との事ですから、上手く岸辺で咲いていたのでしょう。

Toji1808105

それにしても、今年の夏は暑いですね。こんなに早朝に来たにも関わらず、写真を撮っているだけで汗だくになってしまいました。でも、それたけの値打ちはあったのですけどね。

Toji1808106

来るときは東門から入ったので気がつかなかったのですが、帰りに正門側に歩いて行くと沢山の店が出ていました。弘法市の日では無いのになと思ったのですが、調べてみると毎月第一日曜日には手作り市が開かれるのですね。早朝にも関わらず、大勢の人で賑わっていたのには驚かされました。弘法さんだけではない、とことん庶民的な東寺の顔を見せてもらった気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.08.09

京都・洛東 黄昏時の祇園白川

Gionsirakawa1808111

京の七夕に行く前に、黄昏時を迎えた祇園白川を散策して来ました。この界隈は相変わらずの人気で、特に何の花が咲いているという訳でもないのに人出は多いですね。

Gionsirakawa1808112

でも、この界隈特有の情緒が、それだけ人を惹きつけるのでしょう。特に外国人が多いのは他の場所と同じ傾向ですけどね。

Gionsirakawa1808113

こうした丹色の柵やそこに書かれている漢字も、欧米人には気になる存在の様です。稲荷大社の千本鳥居と同じ事なのかな。

Gionsirakawa1808115

そろそろ日も暮れて、あたりもだんだんと暗くなって来ました。もう京の七夕へと行く頃合いですね。

Gionsirakawa1808116

鴨川に向かう途中に、路地を撮っていたら偶然歩いてきたカップルです。もう祇園に欧米人が居ても、何の違和感もなくなりました。むしろ普通になってしまいましたね。これが国際化というものなのかな。そろそろ、こちらの意識を変える時が来ているのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.08

京都・洛東 総本家にしんそば 松葉北店

Matuba1808071

南座に隣接して建つのがにしんそばの総本家、松葉です。創業は文久元年と言いますからまさに幕末動乱の時期、新選組よりも2年古いという事になります。もしかしたら、新選組隊士もそばを食べに立ち寄ったかも知れませんね。

松葉がにしんそばを発案したのは明治15年の事、思っていたよりは新しいですね。私はてっきり江戸時代からあるものだと思っていました。にしんは蝦夷地で捕れたものを身かきにしんに加工して、北前船で上方へ運んでいました。京都ではおばんざいの一つとして好まれていたのですが、それをそばに乗せて食べようと考えたのは二代目だそうです。何でもない事の様ですが、誰も思いつかなかった事を始めたのが偉いですね。

Matuba1808072

本店は南座の隣ですが、この日立ち寄ったのは北店の方です。手打ちそばやうどんを主体とした店だそうで、平成20年に一度改装されています。

これはひやしきつねそば。さすがに暑いので暖かいそばは遠慮したのですが、冷たくても味はしっかりしており、とてもおいしかったですよ。税抜きで1100円、少し高いですが、夏に食べるには良いですね。京の七夕に行く前に立ち寄られては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.07

京都・洛東 姿を現した南座

Minamiza1808081

耐震工事のために暫く姿を隠していた南座でしたが、工事の進捗によって仮設の覆いが取られ、再び姿を現しました。これまでは書き割りで存在を主張していたのですが、やはり不自然でしたからね。でも、我ながら記憶力は曖昧なもので、元からこんな色合いだったかしらんと疑問に思ってしまいました。

そこで少し調べてみたのですが、ほぼ元通りに塗装されていました。綺麗になったぶん違って見えた様ですね。

南座は江戸時代初期に官許された七座のうちの一つとされ、今年で400年を迎えるという歴史を持ち、同一の場所で営業されてきた芝居小屋としては最古のものとなります。今回の改修では耐震補強だけではなく、最新の設備を備えた劇場へと衣替えしたそうで、歌舞伎のみならず、様々なエンターテイメントに対応出来る様になるのだそうです。

新装記念興行は11月1日から始まる吉例顔見世興行となるそうで、毎年行われている顔見世興行よりもひと月ほど早い開始となるのですね。師走の風物詩招き上げも10月中に掲げられるのかしらん。久しぶりに見る招き上げの景色を見るのが今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.06

京都・洛中 京の七夕2018 ~鴨川エリア~

Kyounotanabata1808061

先日お届けした様に、京の七夕が始まっています。先週末はこのうちの鴨川エリアへ行ってきました。

Kyounotanabata1808062

鴨川エリアは、初日と二日目が鴨川納涼との共催になっています。まあ共催と言うより、京の七夕が鴨川納涼に乗っかったというのが正しいのかも知れません。

Kyounotanabata1808063

鴨川納涼は今年で49回目を迎えるという老舗のイベントで、京都にある各県人会がそれぞれのお国自慢を持ち寄り、屋台を作って売り込み合戦を行うという趣向です。各地の名産が一堂に会するという事からか、以前から人気が高かったですね。ただ、人が多すぎてゆっくり出来ないというのが難点かな。

Kyounotanabata1808065

京の七夕が始まった当時は、この鴨川納涼の他にはほとんど呼び物がなく、三日目以降は閑散としていたものでした。それが今では七夕飾りや風鈴灯がある河川敷を散策する人が多くなり、京の七夕がすっかり定着した事を思わせます。

Kyounotanabata1808066

ただ、せっかく根付いた行事なのに、どういう理由かは分かりませんが鴨川と堀川は会期が短くなっており、今週の金曜日までとなっています。週末に静かになった会場をゆっくり散策したかったのだけどな、ちょっと残念ですね。あと、これも理由は分かりませんが、ホームページとパンフレットに掲載されている行事が少し違っています。友禅流しの実演なんかがそうですね。蛍の散策路もどこであるのか判りません。

まあ、イベントとしては細かい齟齬はありますが、平日の仕事帰りに鴨川を歩いて帰るのも、悪くない趣向ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«西郷どん 第二十九回 「三度目の結婚」